東急電鉄 横浜―伊豆間の観光列車を刷新

   

東京急行電鉄は、グループの伊豆急行が運行している観光列車「アルファ・リゾート21」を2017年7月に刷新すると発表しました。

設計・デザインは九州旅客鉄道(JR九州)の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭氏が担当します。

8両編成の定員は100人で、従来の4分の1に減らします。

一人あたりの座席空間を広げ、イベントスペースも設置されます。

JR横浜駅から伊豆下田駅間を運行します。

伊豆エリアの魅力を知って訪れてもらうことを目的に、魅力的なサービスで車内での時間を楽しんでもらうというものです。車内では食事の提供なども予定しています。

最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

 - 企業, 鉄道