ズワイガニ1杯130万円!鳥取港で初セリ

 
鳥取県鳥取市の鳥取港で、7日にズワイガニの初セリが行われました。

「蟹取県」と知事が命名するほどの鳥取県は、主要漁港でのかに類の水揚げ量が日本一(9668トン)です。

11月6日に解禁となった松葉ガニ(ズワイガニの雄)ですが、その中でもトップブランドの松葉ガニが、五輝星(いつきせい)です。

初セリではこの五輝星に、過去最高の1杯130万円の値が付きました。

これまでの最高値は昨年の初セリの70万円でした。

五輝星には、
〇甲羅の大きさが13.5センチ以上
〇足がすべてそろっている
〇色合いが焼けていない
〇身が詰まっている
という基準がありこの5つの基準を満たした希少価値の高い松葉ガニです。

競り落とされたかには、この基準を大きく上回り甲羅幅14センチ超、重さが1.2キロ超の大物です。

itukibosidai 10月21日の地震により宿泊キャンセルなどが続いていて、観光誘客の目玉の一つとして市内の専門の水族館「とっとり賀露かにっこ館」で展示します。
初物の競りというのはすごい高値がついていますが、話題作りにはもってこいです。

築地のマグロの初セリなどもすごかったのですが、北海道のサンマの初セリの値には驚きました。

これからは各地の初セリを追いかけていきます。

 
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
最近の地方の地ビールメーカーが
テーマパークのハウステンボス(
ブドウ1房が111万円で落札さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください