サザエさんの視聴率に異変 あのサザエさんが・・・・

 
フジテレビ系列の人気アニメーション「サザエさん」

アニメ番組の中ではトップクラスの視聴率をキープしています。

最近では、今年1月に82歳で逝去された声優の永井一郎さん(磯野波平役)が最後に登場した2月9日の放送で、23.7%を記録しました。

何しろ「サザエさん」は、1969年から45年も続いている、日本国民ならだれもが知る長寿番組です。
現在放送開始45年を記念して「ありがとう45周年みんなのサザエさん展」が全国で順次開催されています。
6月29日に終了した大分では、10日間で1万人以上の人が詰めかけました。
不動の人気を誇っているのです。

しかし、7月3日の視聴率は、9.9%。なんと一けたになっていました。

一体サザエさんに何があったのでしょう。

一時的なものなのかどうかは次週の視聴率を見ないとわかりませんが、じわじわと落ちていく傾向なのか心配です。

同じ人気アニメに「ちびまる子ちゃん」があります。昔は良く見てましたが、最近すっかりご無沙汰です。

時間帯が変わったこともありますが、出てくるキャラクターは子どもばかりで部隊も学校が主です。

「子供のアニメだな~~」って思って、キャラクターの誰に感情移入していいか迷います。

そんなところが見なくなった原因かな。

それに比べ、「サザエさん」のキャラクターはその動作に自分を合わせてしまったりするのです。

視聴率が悪くなったから中止!なんてことにはならないでくれ~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください