すき家で1080円の黒毛和牛弁当を販売!

   

牛丼店チェーンのすき家が、1080円の黒毛和牛弁当を期間限定、数量限定で販売しています。 1店あたり20食程度の提供で、来年の1月中旬ごろまで販売します。
 
 
2016y11m17d_101103238
独自のたれで煮込んだ国産の黒毛和牛の肉をご飯の上にのせたもので、高くてもおいしい商品を求める顧客層を取り込む狙いです。
この弁当は、9月20日にロンドンのケンジントン宮殿で開催された「2016 ワールド・ブランディング・アワーズ」のレストランカテゴリーで、日本の外食で初めて「ブランド・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを記念するものです。
すき家は今年の2月にも、1080円の黒毛和牛弁当を出しているんです。
しかし、この時は群馬県高崎市の地方百貨店「スズラン高崎店」の地下食品売り場に出店した店舗1店限定でした。
持ち帰りが主体の店舗でしたが、デパ地下への進出は1982年の創業以来初めてでした。
この店舗の目玉メニューが地元群馬の黒毛和牛の肉を使った「黒毛和牛弁当」でした。
この時の弁当がなかなか好評だったそうです。
すき家といえばもともと男性やガテン系のイメージが強く、女性やシニア世代はなかなか入りにくい感じですね。
今回のデパ地下出店で、一度すき家に入りたかったという人も多かったそうです。
今回の弁当の販売ですき家のイメージも変わりそうです。
6月29日に、タカラトミーアー
新潟県新発田市にあるふじの井酒

 - 企業, 新製品