セグウェイが快走する街 つくば市

   

スポンサードリンク

つくば市の中心部の歩行者専用道路では「ときどきロボットが通るのでご注意ください」という看板が立っています。

搭乗型移動支援ロボット「セグウェイ」の行動実験が行われているからです。

「セグウェイ」は電動立乗り二輪車です。ハンドルを持ち重心を前に向けると前進し、左右に重心を移動すると曲がります。内部のセンサーが重心の移動の変化を感知しコンピューターが車体を制御して動きます。

セグウェイは、日本では許可なしでは行動を走ることはできません。しかし、「欧米では10万台が行動などを走行、利用されている」そうです。

つくば市では、平成26年からセグウェイでの公道走行体験ツアーを実施してきました。

料金は8000円で、毎回予約で埋まってしまうそうです。

ちなみにセグウェイは1台748000円です。時速は20キロまで出ます。

公道は走れませんが、成田空港では空港ターミナルの警備巡回に使われています。

  大阪のフジキンは
新潟県新発田市にあるふじの井酒
北国の青森県の人は、九州生まれ
秋田県産のさくらんぼがワインに

 - 地方の話題