日経メガテン赤マルニュース

毎日読む日本経済新聞とMJの面白い記事を独断、深読みして解説します

ビジネストレンド 企業

ネイルアーティストピンチか?

通販大手の千趣会が、ネイルサービス「ツメコ」の本格展開を始めました。

指5本分を同時に短時間でプリントできる独自のネイルプリンターを活用して、ネイルプリントを行います。

メーカーと開発したプリンターは、通常では2~3時間かかるようなデザインでも45分以内で提供できるそうです。250種類以上のデザインを揃え、毎月16デザインの新作ネイルを追加します。

千趣会は2016年に全国の美容サロン約10店にツメコをテスト導入しており、「実際に店舗での集客や客単価の向上につながった」と言っています。

2017年に150台、21年に1000台の普及を目指しています。

 

ネイルアートショップは街でときどき見かけます。女性が起業を目指す職種だそうです。ネイルアート好きの女性は複雑なものは自分でできないので需要はありそうです。

しかし、ネイルプリンターの登場でおそらく彼女たちの仕事はなくなってしまいそうです。

あまり複雑ではないデザインは、手ごろな価格のプリンターでできるようになっています。そのうち証明写真ボックスのようにセルフでできるようになるのでしょう。

 

-ビジネストレンド, 企業