ノンアルコール増産 ビールの不振補う

   

ビールメーカー各社が、ノンアルコールビールの増産体制に入っています。キリンビールは4月発売の「零ICHI(ゼロイチ)」が好調で、近く月間生産量を当初計画の3倍に引き上げます。サントリービールも「オールフリー」を前年同期比で約1割増やす計画です。
仕事や家事の合間などに手軽に楽しめる飲料として人気が広がっていますが、6月からの安売り規制でビール販売が落ち込む分を補う狙いもあります。
ライフスタイルの幅が広がり、仕事を終えてからも育児や家事をこなす人も多くなってきています。酔わずにいフレッシュ感を味わいたいという需要にこたえるという狙いもあります。
国税庁による酒の安売り規制強化の影響で、5月第4週と6月第1週を比較すると、ビールは店頭価格が8%前後上昇した一方、販売数量は約2割減少しています。
ノンアルコールビーでは、キリンビールとサントリービールのブランドが勢いがありますが、この2ブランドが増産する背景には、新たな収益源確保が急務となっている環境があります。
 
 
確かに6月からビールの値段はどこのお店に行っても高くなっています。しかし他の酒類は値上がりしていません。安売り規制はビールが標的のようです。
一般の酒店を保護するためという目的もある酒税法の改正ですが、効果には疑問があります。どうやってもスーパーやドラッグストアなどの方が安いからです。

イオンは全く値上げをしていないそうです。全国展開をしているので、今までと同じ価格で販売しても原価を割るということはないからです。
販売数量が右肩下がりのビールを補うだけの勢いが出るのかはわかりませんが、酔わないビールという選択ができると、アルコールの苦手な人も飲み会に参加できるので歓迎です。
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

 - ビジネストレンド, 企業