高級ブドウ過去最高111万円で落札される

ブドウ1房が111万円で落札されました。
 
 
 
石川県が開発した高級ブドウ「ルビーロマン」の今季の初競りが7日、金沢市中央卸売市場で開かれ、出荷された39房のうち1房が過去最高の111万円で競り落とされた。
金沢市の卸売業者が落札、今年で創業111年の旅館加賀屋(同県七尾市)が購入した。

ルビーロマンは今年で出荷10年目で、加賀屋の総支配人、手島孝雄さん(67)は「10年間でこれだけの価格になった。さまざまな人の努力や歴史の重みを感じる」と笑顔を見せた。これまでの最高額は、昨年の初競りでの1房110万円だった。

JA全農いしかわによると、ルビーロマンは県が14年かけて開発した品種。
糖度が18度以上と甘く、1粒20グラム以上で果汁も多いのが特徴だ。今年は2万6千房の出荷を見込む。

 
 
今年の初セリには谷本石川県知事も出席し、セレモニーが行われました。

ルビーロマンの大きさは、大きいといわれている巨峰の数倍あるそうです。500円玉以上の大きさです。

111万円のブドウはどなたが食べるのでしょうか。普通の時のセリでも、1房が2万円くらいするそうなので、石川県でも限られた専門店にしか並ばず石川県民でも食べた人は少ないでしょうね。

 
果物の初セリは他でも高値のついたものがあります。

宮崎の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」2個が2015年に30万円

夕張メロンが2012年に2玉で100万円

山形のさくらんぼ「佐藤錦」が今年1キロ30万円などです。

いずれも地元が自信を持って作っている果物です。

初セリで高値がつくのは励みになるでしょう。
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください