東京駅前に観光牧場ができる?

   

人材サービスのパソナグループが、東京・千代田区の本社ビル内に観光牧場を開設するそうです。

牛などの動物と触れ合える場所を設けることで、食育につなげるほか酪農への関心を高めてもらうことが狙いです。今後、酪農分野に携わる人材の育成も行っていく考えです。

パソナグループは再開発に伴い、7月3日に本社を東京駅に近い東京駅日本橋口近くのビルに移転しました。同ビル13階に都市型観光牧場「大手町牧場」を今月中に開設します。平日と土曜日に一般開放します。

敷地面積は400平方メートルで牛・豚・馬など観賞用の動物を飼育する予定です。併設するカフェで子供向けの「食育」体験プログラムも開催します。m

パソナは観光牧場をきっかけに、将来的には酪農家を志望する人材をグループ子会社が京都府に所有する牧場で受け入れ、実際に酪農に従事してもらいながら人材を育成していく方針です。

同社は2003年に農業の分野の人材育成に乗り出したほか、2005年には本社に農場を設けて積極的に取り組んできました。今後は酪農の活性化にも貢献したい考えだということです。

 

 

 

 

ビルの中に観光農場ですか。びっくりしました。

パソナといえば、人材派遣会社だとおもっていました。人材仲介や人材派遣から、人材育成などの仕事に派生していくのだなということは感じていたのですが、

 

農業や酪農の分野での就業者の育成を行っているというのは意外でしたね。

パソナの支援を受けて、農業や酪農で起業したりする人が出てくるかもしれません。

 

 

キットカットといえば、受験シー
衛星放送のスカパーJSATは2
ビールメーカー各社が、ノンアル
ファミリーレストラン最大手のす
通販大手の千趣会が、ネイルサー

 - ビジネストレンド, 新規事業