梅の実の価格が劇高になりそうだ! 梅酒や梅干しが作れないかも

   

今年は梅の実が不作で、市場に出ている梅の実の卸値が前年より4割も高いそうです。

原因は和歌山県の梅の生育が遅れて出荷量が少ないせいです。和歌山県は日本一の梅の実の生産量を誇り、全国の64.1%のシェアを持っています。

 
 
 ウメの高値が目立つ。
6月下旬の東京・大田市場の卸値(相対取引・中値)は和歌山県産が10キロ6005円と前年同時期に比べ4割高い。
店頭でも都内のスーパーで前年と比べ2~3割ほど高い値段で並ぶ。

JA和歌山県農によると出荷量は前年に比べ2割少ない。
年初の低温で実をつけるのに必要な受粉樹の開花が遅れ、生育が進まなかった。ウメは3年連続の不作で、今年の入荷も「前年より3割程度減った」(中堅スーパー)。

影響は加工業者にも及んできた。大手梅酒メーカーは「計画していた数のウメを確保できない」と話す。
梅干しメーカーの間でも値上げを検討する動きが出ている。

 
 
梅酒も梅干しも大好きで、今頃の季節になると常備しています。

梅酒はスーパーで売っているのを買ってきますが、梅干しは大分県の日田市大山地区の梅園で作っている梅干しを取り寄せています。
和歌山の南高梅も有名ですが、大分県の豊後梅もいい梅干しができます。

梅酒を作っている会社としてはチョーヤが有名ですが、日本酒や焼酎を作っている会社で、梅酒を作っているところがたくさんあります。

これだけ材料費が高くなると、梅酒も梅干しも高騰しそうで心配です。
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

 - マーケット・商品, 地方の話題,