未来のコンビニは自動運転EVで増えていくかもしれないぞ!/トヨタがセブンイレブンに提携交渉

 
トヨタ自動車が、自動運転車両を使った新しいサービスの開発で、ヤマト運輸やセブンイレブンと提携する交渉に入りました。

自動で移動するコンビニエンスストアへの活用などを検討しています。

自動運転技術が浸透すると、新サービスが生まれる可能性が高まります。自動車メーカーが、外部企業と協力動きが広がってきました。

 
 
移動するセブンイレブンは、自動運転の電気自動車(EV)に商品を積んで決まった地点まで出向くか、消費者が車両を止めて買い物できるようにする構想があるようです。

また、ヤマト運輸とは短距離の配送拠点間の荷物を無人のEVで運び、家庭まではロボットの配送車両などを使って届ける仕組みを検討しています。

スターバックスとは移動カフェ、トヨタ織機都は無人のロッカーを使って家庭に荷物を届けるサービスを開発する構想があるそうです。

 
自動運転で移動するコンビニ、カフェ、ロッカーというのが現実に近づきましたね。移動コンビニの場合は販売員が乗らないといないと考えますが、移動地点の先々で契約した販売員が店をオープンさせれば無人で走ることも可能です。カフェもそうですが、短い時間だけカフェをやりたい人に貸し出すビジネスも考えられます。

自動運転技術によって、運送業界は変化していくのはもちろんですが、小売業界も同様でしょう。しかし、構想されているサービスは利用者のみならず提供者や社会にも大きな恩恵を与えてくれそうですね。
人材サービスのパソナグループが
ビールメーカー各社が、ノンアル
ファミリーレストラン最大手のす
通販大手の千趣会が、ネイルサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください