美少女コンテストのグランプリは売れないという話

 
6月22日の日本経済新聞に、「審査員特別賞が勝つ時代 万人受けより「化け」狙う」という記事がありました。
マーケティングや経営戦略的な意味から、とても考えさせられました。

案の定記事の終わりにマーケティングの話が出てきます。

 
 
同志社大学で組織論などを教える太田肇教授の持論は「美少女コンテストのグランプリは活躍しない」だそうです。
仮説は持っていたが、有名芸能事務所のオスカープロモーションが開催している「全日本国民的美少女コンテスト」を調査したところ、確信したといいます。

 
学生にコンテストで受賞したタレントについて意見を聞いてみると、知名度が高いのは審査員特別賞や演技部門賞をもらったタレントばかり。代表的な例は、審査員特別賞だった米倉涼子さんや上戸彩さん、モデル部門賞に選ばれた武井咲さんなどの面々だ。剛力彩芽さんに至っては予選落ちしているという。
 本当にグランプリに輝いたタレントは成功率は低いのか。芸能関係者にこの事実を聞いてみると「確かにその傾向はある。オスカーだけでなく、他の事務所でも共通している」との答えが返ってきた。いったいなぜ?

太田教授は「グランプリは多くの人によってあらゆる角度から評価される。この結果、角が取れ、既視感のある人が選ばれるからではないか」と指摘する。新規性や意外性が捨てられるので「化ける」可能性が低いというわけだ。大量の情報が飛び交う今、「今は選んだら外れる時代」(太田教授)とまで言う。

 見たことがなかった才能や商品サービスに対しておおむね否定的な評価が多いのは世の常。2万店を達成したセブンイレブンも1974年に出店を始めた頃は「大型店の全盛時代に成功は難しい」との見方が多かった。既存の常識にとらわれすぎるとお宝を見逃す。
ビール不振の中、「世にないもの」を提案し、2017年まで13年連続で増収増益を続けるヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)。成功の秘訣は大株主の意見にも耳を貸さないこだわりだ。

 大株主とは星野リゾートの星野佳路社長。ヤッホーが30代の働く女性向けにビールの新製品「水曜日のネコ」を企画したときのことだ。星野社長は試飲すると「飲んでも軽すぎる」「デザインも気に入らない」などダメ出しを連発。

 そこでヤッホーの井手直行社長は「これは星野社長のようなビール通は残念ながらターゲット外。だからその印象は正解です」と返し、発売を強行した。結局、水曜日のネコは売れ続け、今も30%増の伸び率を示している。もう星野社長の口出しはない。

ヤッホーはターゲット層にインタビューしながら、表面化していないニーズをつかみ、商品化する。「万人受けを狙う既存のビール文化を変える」(井手社長)。まさに特別審査賞を重視するような姿勢だが、実はヤッホー、売上高で業界5位のオリオンビールに接近しているもよう。猫はいよいよ化けるか。
一生懸命に審査員が審査して選んだ「グランプリ」が、芸能界に出るとパッとしない例が多いのだそうです。
選んだら外れる。というような現象がなぜ起きるのでしょうか、興味があるところです。

同じような現象が、企業の採用選考にも見られないでしょうか。
あるいは、新商品開発などで発売された新製品にも当てはまらないでしょうか。

多くの人が審査にかかわり、あらゆる角度から審査されればすっかり角が取れた人や物を選びがちです。
また、審査する人の今までの経験や常識で選ぶので、新規性や意外性がはねられてしまいます。

しかし、審査員の中には少し感受性の方向が違っている人もいるのでグランプリになった人とは違う、意外性や新規性を持った人を選び、強くその人を推すことで、審査員特別賞にそういう人が選ばれるんですね。

企業が今までと同じことを踏襲して拡大していくことができた時代は、万人受けする経営戦略でよかったかもしれません。
ところが、今は新しいことを切り開かなくては生きていけない時代になっています。

その例として、同じ写真フィルムメーカーだったコダック社と富士フィルムです。コダックは倒産し、富士フィルムは生き残っています。

新しい価値観や異なるアイデアを持った人間を探す努力をしなければいけない。
いうのは簡単ですが、むつかしいことです。
それを考えると、ヤッホーブルーングの社長が、大株主の星野社長の意見を全く取り入れなかったというのは驚きます。

〇〇通とか、○○の専門家などというのは新規事業や新製品の開発には必要ないですね。

あなたは、商業施設やお祭りなど
テーマパークのハウステンボス(
シネマコンプレックス最大手のイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください