美少女コンテストのグランプリは売れないという話

 
6月22日の日本経済新聞に、「審査員特別賞が勝つ時代 万人受けより「化け」狙う」という記事がありました。
マーケティングや経営戦略的な意味から、とても考えさせられました。

案の定記事の終わりにマーケティングの話が出てきます。

 
 
同志社大学で組織論などを教える太田肇教授の持論は「美少女コンテストのグランプリは活躍しない」だそうです。
仮説は持っていたが、有名芸能事務所のオスカープロモーションが開催している「全日本国民的美少女コンテスト」を調査したところ、確信したといいます。

 
学生にコンテストで受賞したタレントについて意見を聞いてみると、知名度が高いのは審査員特別賞や演技部門賞をもらったタレントばかり。代表的な例は、審査員特別賞だった米倉涼子さんや上戸彩さん、モデル部門賞に選ばれた武井咲さんなどの面々だ。剛力彩芽さんに至っては予選落ちしているという。
 本当にグランプリに輝いたタレントは成功率は低いのか。芸能関係者にこの事実を聞いてみると「確かにその傾向はある。オスカーだけでなく、他の事務所でも共通している」との答えが返ってきた。いったいなぜ?

太田教授は「グランプリは多くの人によってあらゆる角度から評価される。この結果、角が取れ、既視感のある人が選ばれるからではないか」と指摘する。新規性や意外性が捨てられるので「化ける」可能性が低いというわけだ。大量の情報が飛び交う今、「今は選んだら外れる時代」(太田教授)とまで言う。

 見たことがなかった才能や商品サービスに対しておおむね否定的な評価が多いのは世の常。2万店を達成したセブンイレブンも1974年に出店を始めた頃は「大型店の全盛時代に成功は難しい」との見方が多かった。既存の常識にとらわれすぎるとお宝を見逃す。
ビール不振の中、「世にないもの」を提案し、2017年まで13年連続で増収増益を続けるヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)。成功の秘訣は大株主の意見にも耳を貸さないこだわりだ。

 大株主とは星野リゾートの星野佳路社長。ヤッホーが30代の働く女性向けにビールの新製品「水曜日のネコ」を企画したときのことだ。星野社長は試飲すると「飲んでも軽すぎる」「デザインも気に入らない」などダメ出しを連発。

 そこでヤッホーの井手直行社長は「これは星野社長のようなビール通は残念ながらターゲット外。だからその印象は正解です」と返し、発売を強行した。結局、水曜日のネコは売れ続け、今も30%増の伸び率を示している。もう星野社長の口出しはない。

ヤッホーはターゲット層にインタビューしながら、表面化していないニーズをつかみ、商品化する。「万人受けを狙う既存のビール文化を変える」(井手社長)。まさに特別審査賞を重視するような姿勢だが、実はヤッホー、売上高で業界5位のオリオンビールに接近しているもよう。猫はいよいよ化けるか。
一生懸命に審査員が審査して選んだ「グランプリ」が、芸能界に出るとパッとしない例が多いのだそうです。
選んだら外れる。というような現象がなぜ起きるのでしょうか、興味があるところです。

同じような現象が、企業の採用選考にも見られないでしょうか。
あるいは、新商品開発などで発売された新製品にも当てはまらないでしょうか。

多くの人が審査にかかわり、あらゆる角度から審査されればすっかり角が取れた人や物を選びがちです。
また、審査する人の今までの経験や常識で選ぶので、新規性や意外性がはねられてしまいます。

しかし、審査員の中には少し感受性の方向が違っている人もいるのでグランプリになった人とは違う、意外性や新規性を持った人を選び、強くその人を推すことで、審査員特別賞にそういう人が選ばれるんですね。

企業が今までと同じことを踏襲して拡大していくことができた時代は、万人受けする経営戦略でよかったかもしれません。
ところが、今は新しいことを切り開かなくては生きていけない時代になっています。

その例として、同じ写真フィルムメーカーだったコダック社と富士フィルムです。コダックは倒産し、富士フィルムは生き残っています。

新しい価値観や異なるアイデアを持った人間を探す努力をしなければいけない。
いうのは簡単ですが、むつかしいことです。
それを考えると、ヤッホーブルーングの社長が、大株主の星野社長の意見を全く取り入れなかったというのは驚きます。

〇〇通とか、○○の専門家などというのは新規事業や新製品の開発には必要ないですね。

あなたは、商業施設やお祭りなど
テーマパークのハウステンボス(
シネマコンプレックス最大手のイ

ヒーローイベントのお値段は?

あなたは、商業施設やお祭りなどで行われている「ヒーローイベント」の値段がどのくらいするか知っていますか?

親子連れに人気のイベントですが、見る方は無料なので値段を気にしたりはしませんよね。

でも、仮面ライダーやウルトラマンのギャラはいくらなのか気にはなるでしょう。

実はワタシ、商業施設や放送局の開催する夏祭りなどを企画運営した経験があるので運営費はわかるんです。日経新聞にヒーローイベントの値段についての記事がありました。

 
 
「仮面ライダー」や「ウルトラマン」――。テレビでおなじみのヒーローが登場するキャラクターショーは親子連れに人気のイベントだ。
集客のため商業施設やお祭りの主催者などが版権元と契約し、無料開催することが一般的だ。開催費用は構成人数が7人ほどで50万円前後が基本。近年はイベントの差別化に向け人数を増やす事例も目立つ。

「仮面ライダー」シリーズなどを扱う東映では司会、音響担当を各1人と登場人物を合わせた7~10人編成の基本パッケージを用意している。
場所や作品で料金は異なるが、音響機材などの経費を除いて50万~60万円前後が中心だ。

6人以上の主役が登場する戦隊ヒーローものでは、格闘相手の悪役が4人ほど必要。
このコースだと会場に現れるヒーローは全員ではなく、最大でも5人にとどまるケースが多い。

「ウルトラマン」シリーズを手掛ける円谷プロダクション(東京・渋谷)の基本料金は45万~50万円。
依頼主の予算に応じて規模を縮小するなど安く抑えられるケースもある。

出演者の追加料金は1人10万~15万円前後。ヒーローが10人以上の東映の最新作「宇宙戦隊キュウレンジャー」では全員をそろえると100万円を超える。
「遊園地などでプレミア感を出すため、ヒーローのキャラを追加する例が増えている」(東映)という。

 
 
そうです。ヒーローが一人だけというのはなかなか絵になりません。

戦隊ものは複数のヒーローが出ますし、悪役も必要です。しかも悪役はセリフがしゃべれないといけない。場数を踏んでいかないと務まりません。

ヒーローにはアクションができないといけません。バク転とか飛びけりですね。

アルバイトがポッと出てきてやれるものではないのです。(戦闘員ならできるかも)

プラス司会、音響などが必要です。(主催者側で用意することが多い)

このヒーローイベント、集客には劇的に効果あります。山のような人だかりができますから。

仮面ライダーやウルトラマン、戦隊シリーズはヒーローイベントには都合がいいんです。

着ぐるみなので入っている人のルックスは関係ないです。

セーラームーンなんかはちょっと難しいです。(着ぐるみにするという手はあります)

着ぐるみで大変なのはウルトラマンです。

ある夏祭りの昼の部でウルトラマンショーがありました。

ものすごい暑さです。熱中症になろうかという中、ウルトラマンが演技をしていました。

5分が限界です。演技が終わって子供がかけよってきたのですが、ウルトラマンはそれを振り切って舞台裏に・・・・

ウルトラマンは倒れてしばらく起き上がれませんでした。

 
主催者側も、確実に集客が見込めるのでヒーローイベントを企画するとすぐにOKが出ます。

ただ、1日にせいぜい4~5回しかできません。50~60万というのは平均的な相場なので、もっとかかることが多いのです。

最近はご当地ヒーローが、イベントや夏祭りに呼ばれることが多くなっています。

ご当地ヒーローがどんどんかっこよくなっています。秋田の超神ネイガ―とか、茨城の時空戦士イバライガーとか、数えきれないくらいです。

ご当地ヒーローイベントは、たいていボランティアなのでギャラは出ないようです。

これからは、ご当地ヒーローイベントのためのご当地ヒーローも登場しそうです。

 
テーマパークのハウステンボス(
シネマコンプレックス最大手のイ

ハウステンボス ドローン300機で光のショー

テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)は、光を発するドローン(小型無人機)を使ったショーを7月22日~8月5日に開催すると発表しました。

RED(発光ダイオード)を搭載した約300機が音楽に合わせて飛び回り、さまざまな絵や文字を描きます。

使われるドローンはインテル製で、お祭りやイベントなど、エンターテインメントに特化してデザインされたクアッドコプター型のドローンです。
このドローンを使ったショーは欧米などでは開催実績がありますが、日本では初めてとなります。今回はハウステンボスの「ハーバーエリア」の海上の上空で雨天・強風時を除く毎日夜に約10分弱開催します。

ハウステンボスは、2015年7月にロボットがスタッフを務める「変なホテル」の開業を皮切りに、最新テクノロジを体感できる「ロボットの館」や、店長と料理長がロボットの「変なレストラン」などのロボット活用を積極的に進めています。

ドローンによるサービスの提供にも積極的で、変なホテルではドローンが部屋に荷物を届けたり、

昨年の7月16日には「ロボット王国」の中に日本初のドローンのテーマパークを作っています。

また、今年2月にはジャパンドローンレースチャンピオンシップを開催し、イルミネーションの中をドローンが激走しました。

欧米で行われているショーの映像をご覧ください。

300機以上のドローンが、音と光を発しながら様々に飛び交う姿を見てみたくなりました。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
最近の地方の地ビールメーカーが
ブドウ1房が111万円で落札さ
  大阪のフジキンは

ソニー レコードの生産を再開 多様な音の楽しみ方を提供

ソニーは29年ぶりにアナログレコードの自社生産を再開します。レコード人気はかつてのシニア世代にとどまらず、レコードに触れたことのない若者にまで広がっています。
音楽配信やCDにレコードを加えることで、多様な楽しみ方を提供し音楽販売の増加につなげていこうとしています。
 
ソニーは2018年3月までに、静岡県内の製造子会社の工場で自社生産を再開します。ソニーが権利を持つ邦楽を中心に、かつてのヒット作や最新の売れ筋アルバムを製品化する予定です。

レコードは1982年にソニーなどが開発・販売したCDの台頭により、レコードの国内での自社生産は1989年に終了しました。

ソニーミュージックエンターテインメント(SME)は、2月に東京乃木坂の収録スタジオに、盤面に溝を掘るカッティング機材を導入して演奏をその場でマスター(原盤)に加工できるようにしました。レコードは溝の深さや角度によって音質が左右されるため、高齢のレコードの音響技術者を集めて音作りの継承を急いでいます。

販売動向を見ながら、SME以外のレーベルからの受注生産も手掛ける予定です。

現在国内で製造しているのは東洋化成だけで、「需要に供給が追い付かず、新譜発売は数量限定が多かった」(SME)とのことです。

2016年のれこーその国内生産量は2010年の約8倍の79万枚です。全国チェーンの音楽販売店も都内にレコード専門店を展開したり、レコードの売り場を広げたりしています。

イギリスでは、2016年にレコードの売上高がダウンロード売上高を抜いた時期もあります。レコードには好みのジャケットを揃える楽しみもあり、米国では主に衣料品店や雑貨店で販売されています。米国での販売枚数は1720万枚で、購入者の7割は35歳以下だということです。

 
 
 
音楽は趣味です。レコードは200枚くらい集めていました。昔はレコードしかなかったですからね。レコードを買ったり、借りてカセットテープに録音して聞いたりしていました。

スマホに音楽を入れて聴くのにはイヤフォンがあればいいのですが、レコードはそれだけでは聞けません。レコードプレーヤーとアンプが必要です。大きな音で聞くにはスピーカーも要ります。

レコードをいい音で聞こうと思うと、レコードプレーヤーについているカートリッジといわれる部分とその中に組み込まれているレコードに直接触れる「針」にも凝ってしまいます。

レコードブームが定着したら、そのような周辺機器の需要も大きくなると思います。

ヨーロッパや米国では、まだまだレコードの需要が大きいそうです。レコードプレーヤーの専業メーカーもあるくらいです。

レコードやカセットは今ではみんな処分してしまいましたが、レコードプレーヤーは安いものは6000円くらいで買えるようです。しかもUSBでパソコンに音を取りこむこともできます。

音楽を聴くというだけでない、そのプロセスを楽しむのが好きな人もいると思います。
キリンビールが造っているウイス
  日本コカ・コーラ
シネマコンプレックス最大手のイ

ソニー「PS4」6000万台

 
 
ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の累計販売台数が6040万台に達しました。発売されて3年半経過しましたが、売れ行きは好調を維持しています。
人気ソフトや仮想現実(VR)対応ソフトを拡充し、販売のペースが緩むの抑えます。
数年前からスマートフォンでプレイするゲームに押され気味でしたが、ここにきて復活しそうです。スマホゲームでは体験できないVR対応ソフトなど新しい境地を切り開いています。
据え置き型の家庭ゲーム機ではPS4が先行していますが、今年3月に任天堂が「ニンテンドースイッチ」を発売し、生産が間に合わないほどの人気が出ています。「ニンテンドースイッチ」は年内には販売台数が2000万台を突破する勢いだそうです。
また、米マイクロソフト社も11月に映像表現力を高めた「Xbox」の新機種を投入します。
競合が激しくなる中、ソニーはソフトの拡充で対応していきます。
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

ネットカフェの料金が上昇? サービスの多様化で

 
最近ネットカフェの利用料金が上昇しているようです。
日本複合カフェ協会によると、2016年の平均客単価は前年比で3%高い1,281円で、調査を開始した2008年以降、右肩上がりが続いています。

スマートフォンの普及で漫画を屋外でも気軽に読めるようになり、読書滝の利用は伸び悩むと見た運営会社が、食事の充実や仮想現実(VR)機能を持ったブースの増設に動いていることが背景にあります。

最大手のVALIC(横浜市)が運営するネットカフェ、「快活CLUB」の店舗は食事にこだわっています。
常時50種類以上のメニューを用意し、海老フライやチキン南蛮などのメニューの豪華さはファミリーレストラン顔負けです。

ネットカフェのサービスと言えば、フリードリンクくらいにとどまっていましたが、漫画が読み放題以外の価値を提供していかないと生き残ってはいけないと危機感を持っているようです。

食事を楽しみながら長い時間を過ごしてもらい、客単価を引き上げることをめざしています。

他社でも同様の動きがあり、漫画喫茶業界2位のランシステムは昨年7月「自遊空間NEXT蒲田西口店」に、人気アニメなどのVR映像が楽しめる部屋を用意しました。

「暇つぶし産業」とも呼ばれるネットカフェ業界も、消費者の行動様式の変化を受け提供サービスの差別化を迫られているようです。

お一人様の増加で、ネットカフェの楽しみ方も変化するのでは?

ネットカフェには昔入ったことがあります。どんな所なのか興味がありました。
インターネットにつながるモニターがずらりと並んでいて、さらに個室もあります。

そして、驚くほどたくさんの漫画本が置いていました。

防音設備は全くなくて、個室でも中の音や話し声は筒抜けです。

集中してネットを見るような環境ではないと思いました。また、漫画本を読んでいる人も多くいました。

聞くところによると、個別にシャワー室などがあるようです。

大勢で行って楽しむところではなく、1人で行くところですね。

ネットカフェ難民という社会問題がありましたが、料金が高くなり続けたらそういう人たちはどこに行くのでしょうか、心配です。

今後、ネットカフェ業界はお一人様をターゲットにしたサービス提供に動くと思いました。
人材サービスのパソナグループが
ビールメーカー各社が、ノンアル
ファミリーレストラン最大手のす
通販大手の千趣会が、ネイルサー

別府市がビームスと協業!新宿店に期間限定で足湯を設置

大分県別府市は、セレクトショップ大手のビームス(東京・新宿)と組み、東京で11月の1か月間に足湯体験や竹細工などの工芸品を販売します。

ビームスは、今年の4月28日に新宿の「ビームス ジャパン」を改装し、日本のさまざまな日本をキーワードにさまざまなコンテンツを編集して発信するショップを開店しました。

ビームスの店舗初のレストランとコーヒースタンドも入店しており、創業40周年を迎えるビームスが、セレクトショップとして培ってきた選択眼を活かしたショップです。

168571 国内各地の名品を集めており、別府市は知名度向上と地域ブランドづくりを目指しています。

「ビームス アイ オン ベップ」プロジェクトと称して、11月1日と毎週土・日の9日間は別府から直送した加水・再加熱なしの源泉100%の足湯を設置します。

入湯者には特製の手ぬぐいのプレゼントがあります。

別府の工芸品の竹細工のペンダントやブローチ、盛り皿のほか、温泉成分を使った石鹸や湯の花など20品目を販売します。

別府市は、首都圏のトレンドに敏感な個人客や外国人観光客に別府を知ってもらい、別府へ来てもらうきっかけにしたい考えです。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
最近の地方の地ビールメーカーが
テーマパークのハウステンボス(
ブドウ1房が111万円で落札さ

社内研修に映画館を貸出し

シネマコンプレックス最大手のイオンエンターテイメント(東京・港区)は、10月から法人を対象に映画館を社内研修用に貸し出すサービスを本格的に始めました。

同社自身も映画館での社内研修を2015年に始めています。大型スクリーンを備えた映画館はプレゼンテーションにも向いていて、これまで他社の会社説明会や発表会に貸し出してきました。

社内研修での活用に用途を広げ、映画鑑賞以外にも劇場利用の機会を増やしていきたいと考えています。

 
東京都の豊洲にあるユナイテッドシネマ豊洲でも、映画館の貸切ができることで話題になっていますが、

イベントの規模に合わせて映画館の大きさを選ぶことができます。

スクリーンの前のステージを広くとれば、演奏やパフォーマンスにも活用できますね。

社内のキックオフイベントに使うと盛り上がりそうです。
あなたは、商業施設やお祭りなど
テーマパークのハウステンボス(

清水ミチコが再現ドラマで黒柳徹子に モノマネ?じゃない

 
 
黒柳徹子さんと言えば、1953年にNHKに入局以来、日本のテレビの歴史を見て来た方です。

自伝物語[窓際のトットちゃん」を読んだ人は、すごく親しみを持っていると思います。

その黒柳徹子さんが、7月17日に日本のテレビ史を振り返るテレビ朝日系の大型特番『黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史』に出演することになりました。

そして、その中で黒柳徹子さんの体験談を映像化した再現ドラマを放送するのですが、徹子さんを演じるのはなんと清水ミチコさんです。

清水ミチコさんは、元祖ものまねの女王として色々な人のものまねのレパートリーを持っていることで有名です。

数々のものまねから、似ていると思う順にあげてもらうというアンケートをとったところ、

1.ユーミン

2.桃井かおり

3.田中眞紀子

4.岸田今日子

5.楠田枝里子

6.黒柳徹子

7.デヴィ夫人

だそうです。

他には「細木教子」や「10年前の矢野顕子」なんてのもあります。

黒柳徹子さんが6位に入っているとは・・・

というわけで清水ミチコさん。ものまねのようには演技するわけにはいかないですね。

しかし、清水さんは「黒柳徹子のマニア」というくらい傾倒しているのだそうです。

デビュー前から40~50年もマネをしているだけに、今回のオファーはうれしかったそうです。

ちょっと前に、NHKのドラマ「トットテレビ」で満島ひかりさんが徹子さん役を演じ、黒柳さんが「うれしかった」と言っていただけに、自分が演じることは言い出しにくかったそうです。

しかし、モノマネの清水さんに演技ができるのかと心配な人もいるかもしれませんが、

NHKの大河ドラマ[真田丸」で、政略結婚により徳川家康に嫁がされた旭姫の演技が高評価で、たった2分半の演技が印象的でした。

きっとユニークな再現ドラマになると思いますよ。
あなたは、商業施設やお祭りなど
テーマパークのハウステンボス(
シネマコンプレックス最大手のイ