日経MJが選ぶ2018年ヒット商品番付発表! 横綱はあの歌姫

12月になって、方々から2018年のヒット商品の番付が発表されるようになりました。
通信販売の楽天市場なども発表していますね。日経トレンディという雑誌も12月の特集を組んでいます。

しかし、なんといっても有名なのは日経MJという新聞が発表するヒット商品番付です。
MJでは来年のヒットの方向も記事にしてくれるので楽しみです。

さて、今年の東の横綱は?

安室奈美恵さん!
当然です。ファンでも何でもない私でさえ彼女の歌のメロディが口をついて出るくらいの平成の歌姫です。

9月に引退し、ファイナルツアーには80万人を動員したそうです。ベストアルバムの販売がなんと241万枚を突破しています。ラストライブや、ライブ映像を収録したDVD,ブルーレイディスクの購入もすごいことに。さらにファンは沖縄へ旅行するなどの関連消費を生み出しました。
一連の経済効果は500憶円をこえるとか。すごいですね、

西の横綱には納得

西には、TikTokoという中国発のSNSが入っています。音楽に合わせて15秒の口パク動画を投稿するものだそうですが。私は名前は知っていましたが見たことがありません。もちろんやりません。

なんでも、若者を中心に世界で5億人が利用しているらしいのです。これを運営している会社は世界最大のユニコーン企業(非上場の企業価値10億ドルの企業)なのだそうです。

日本では、ユーチューバーや人気モデルらが投稿を始めると、中高生の間で一気に拡散したそうです。

最近はフェイスブックの若者離れが言われています。シニアのリア充の自慢話の場になっているのに嫌気がさしているそうです。SNSで説教されることもあり、当然だと思います。

そこで、大人のいない新しいSNSに逃げているのでしょうね。

ところで「マストドン」という新しいSNSの話は全く出てこなくなりましたね。どうなったのでしょう。

来年のトレンドは?

来年は、なんといっても新天皇の即位でしょう。平成が終わり、新しい元号に変わるタイミングでの「チャレンジ消費が生まれそうです。
さらに働き方が変わり、消費税が上がると価格や時間の使い方も変わってきます。

そして、新天皇即位の伴う来年だけの10連休。レジャー需要の増大に期待が高まりますが。、サービス業の人手不足が心配です。混雑もすごいので、逆に連休中は家にいることの消費需要や近場で済ませるレジャーなどが大きくなるのではないでしょうか。

そして、9月から始まるラグビーのワールドカップ。日本人にはなじみの薄いラグビーですが、チケットの応募は世界から450万枚あるのです。オリンピックと同じくらい世界が注目します。

 

最後に

確実に変化する世の中です。

どんなものがトレンドになっているのか、トレンドになるのか。

自分には直接関係なくても、考えることや感じることで生活が豊かになったり社会が明るくなったりするのですね。

 
 
 

サントリーのボトルコーヒー 出荷を一時停止 これは品薄商法ではない!

 
 
サントリー食品インターナショナルはこのほど発売したペットボトル入りコーヒー飲料「クラフトボス ラテ」の出荷を一時停止しました。販売が当初想定を大きく上回ったため、安定供給ができないと判断したためです。

早期の再開に向け製品の作りだめに加え、生産委託先を増やすことも検討しています。

 

レモンジーナ、ヨーグリーナの発売の時もすぐに出荷停止になったのですが・・・・

「クラフトボス ラテ」は6月13日に発売され、16日に出荷停止になっています。

サントリーは2015年に清涼飲料「レモンジーナ」「ヨーグリーナ」を発売した時にも発売後すぐに出荷停止になったことがありました。
レモンジーナは発売後2日で出荷停止になっています。

この事から、サントリーが最初から品薄にして消費を煽る「品薄商法」をしたのではないかという噂が立ちました。

一見そうかもしれないと信じてしまいそうですが、実際には店頭に並んでいるところがほとんどだったそうです。

よく考えてみればわかりますが、出荷停止と品切れとは全く別物です。販売店からの注文が予想以上に来たことにより販売店への安定供給ができなくなる恐れが出てきたので出荷停止にしたのですね。

初月の販売計画は「レモンジーナ」が70万ケース(1ケース24本)、「ヨーグリーナ」が120万ケースでした。しかし、初日に店頭に並べるための注文だけで70万ケースの注文が来たそうです。

なぜこのようなことが起きるのか

なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

それは、インターネット 特にSNSによる発売前の商品キャンペーンによる販売促進の効果が、予想以上に商品の情報を拡散させてしまったからです。

販売予測をするマーケーッターが無能だからという意見も出ていましたが、従来の販売予測が通用しなくなっているのが現状です。

消費者は従来のメディアで新商品の事を知り、店頭に行って買うかどうか決めます。気に入ったらリピーターになります。

しかし、SNS経由だと直接「買いたい」と決めて店頭に来るのです。予測できません。

品薄商法で煽ってもメーカーには何もメリットはない

品薄商法は、メーカーには全くメリットはありません。むしろデメリットばかりです。

生産体制をすべて見直さなければいけません。

原材料の手配も一から考えないといけません。

大ヒットして店頭に品薄になると、販売店は多めに注文するようになります。

いつまでも大量に売れるということはありません。ブームが終わったとは在庫の山となります。

売れないのはもちろん問題ですが、売れすぎるのも問題なのですね。

「クラフトボス ラテ」は6月下旬には出荷を再開するそうです。

SNSによるキャンペーンに頼らずに「そこそこ」売れるというわけにはいかないものでしょうか。
6月29日に、タカラトミーアー
新潟県新発田市にあるふじの井酒

スマホより軽い折り畳み傘がイイ!

 
 
三陽商会のブランド「マッキントッシュフィロソフィー」の折り畳み傘「バーブレラ」が人気です。棒(バー)のように軽くて軽い傘(アンブレラ)という意味の造語で、スマホより軽いというコンパクトさがウリです。
全国57カ所の百貨店などの売り場に加えて、オンラインストアでも販売されています。2014年の発売以来、売り上げは毎シーズン計画を1割程度上回っているそうです。
老舗傘メーカーのムーンバットが製造しています。骨はカーボン製で、生地も薄くて耐久性のあるものが使われています。生地を支える親骨の長さが50センチのサイズで、重さはわずか84グラムしかありません。100グラム以上あるスマホよりも軽いです。折りたたんだ時の直径が2センチ程度ですから、持ち運びは苦になりません。
男女兼用で、大きさは50センチと55㎝があります。無地が8色と、水玉やチェック柄などがあります。
価格は税別で7千円~8500円。ギフトにいいかもしれません。
バーブレラは楽天市場でも売っていますよ!