ミノムシが作る「世界最強の糸」が話題になっている

あなた、1回くらいはミノムシが入った蓑が風に吹かれて揺れているのを見たことがあるんじゃないですか?

ミノムシは人里離れた所にはいなくて、手入れの行き届いた公園などによくいるんだそうです。
細~い糸1本で、強い風に吹かれても切れることなく揺れているのですがあの糸を利用しようと考えている人がいたんですよ。

愛知県名古屋市にある医療品メーカーの興和と、茨城県つくば市にある農研機構が、ミノムシの糸を工業製品などに使える技術を開発したそうです。

自然界最強と言われるクモの糸をしのぐ強度を持つ

自然界の繊維では、クモの糸が最強と言われ世界中で研究されています。しかし、今回技術開発されたミノムシの糸はそれを上回る強度を持っているそうです。
このミノムシの糸は、タンパク質から構成されているシルク繊維です。石油由来の化学繊維と違い、脱石油社会に貢献できる優れた繊維となることが期待できます。

興和と農研機構では、1匹のみのむしから、長いもので数百メートルにも上るまっすぐな糸を吐き出すことを助ける技術を確立したということで、現在のシルク繊維に代わる素材として実用化を目指しています。

熱にも強くてタフな糸

ミノムシの糸は、強くてタフネスといった構造材料としての理想的であることだけではなく、熱にも非常に高い安定性を示し。340度の熱にも耐えることができたということです。

ミノムシの糸はクモの糸に比べて、約2.2倍の丈夫さ、約1.8倍の強度を持ち、ナイロン糸の5分の1の細さなど、さまざまな利点があるそうです。

シルク繊維と言えば、衣服に使われていことは想像がつきますが、そのほかにも医療の道具として再生医療の素材として研究されています。

また、強度を生かせば自動車などのボディの強化にも使えそうです。

 
そして何よりも感心したのは、蚕からとるシルクは繭を茹でて蚕を殺してしまいますが、糸をとった後のミノムシを殺さずに次の世代に命がつながる採糸方法も確立したことです。

ミノムシの蓑で財布を作ることくらいしか思いつかなかった私、参りました。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
バニラ香料というのは、植物のバ
ベンチャー企業で、乾いた洗濯物
バンクガードは、インターネット

日経MJが選ぶ2018年ヒット商品番付発表! 横綱はあの歌姫

12月になって、方々から2018年のヒット商品の番付が発表されるようになりました。
通信販売の楽天市場なども発表していますね。日経トレンディという雑誌も12月の特集を組んでいます。

しかし、なんといっても有名なのは日経MJという新聞が発表するヒット商品番付です。
MJでは来年のヒットの方向も記事にしてくれるので楽しみです。

さて、今年の東の横綱は?

安室奈美恵さん!
当然です。ファンでも何でもない私でさえ彼女の歌のメロディが口をついて出るくらいの平成の歌姫です。

9月に引退し、ファイナルツアーには80万人を動員したそうです。ベストアルバムの販売がなんと241万枚を突破しています。ラストライブや、ライブ映像を収録したDVD,ブルーレイディスクの購入もすごいことに。さらにファンは沖縄へ旅行するなどの関連消費を生み出しました。
一連の経済効果は500憶円をこえるとか。すごいですね、

西の横綱には納得

西には、TikTokoという中国発のSNSが入っています。音楽に合わせて15秒の口パク動画を投稿するものだそうですが。私は名前は知っていましたが見たことがありません。もちろんやりません。

なんでも、若者を中心に世界で5億人が利用しているらしいのです。これを運営している会社は世界最大のユニコーン企業(非上場の企業価値10億ドルの企業)なのだそうです。

日本では、ユーチューバーや人気モデルらが投稿を始めると、中高生の間で一気に拡散したそうです。

最近はフェイスブックの若者離れが言われています。シニアのリア充の自慢話の場になっているのに嫌気がさしているそうです。SNSで説教されることもあり、当然だと思います。

そこで、大人のいない新しいSNSに逃げているのでしょうね。

ところで「マストドン」という新しいSNSの話は全く出てこなくなりましたね。どうなったのでしょう。

来年のトレンドは?

来年は、なんといっても新天皇の即位でしょう。平成が終わり、新しい元号に変わるタイミングでの「チャレンジ消費が生まれそうです。
さらに働き方が変わり、消費税が上がると価格や時間の使い方も変わってきます。

そして、新天皇即位の伴う来年だけの10連休。レジャー需要の増大に期待が高まりますが。、サービス業の人手不足が心配です。混雑もすごいので、逆に連休中は家にいることの消費需要や近場で済ませるレジャーなどが大きくなるのではないでしょうか。

そして、9月から始まるラグビーのワールドカップ。日本人にはなじみの薄いラグビーですが、チケットの応募は世界から450万枚あるのです。オリンピックと同じくらい世界が注目します。

 

最後に

確実に変化する世の中です。

どんなものがトレンドになっているのか、トレンドになるのか。

自分には直接関係なくても、考えることや感じることで生活が豊かになったり社会が明るくなったりするのですね。

 
 
 

売れすぎて終売 ウイスキー人気すごい!

キリンビールが造っているウイスキーに「富士山麓」があります。キリンのウイスキーの主力商品です。
樽で熟成させていて、アルコール分が50パーセントと普通のウイスキーより濃く(ふつうは40パーセントくらい)値段も1700円と手ごろなのでよく買って飲んでいました。

つい最近中身をリニューアルしましたが、それまでは1200円くらいで売っていて味わって飲むには最適のウイスキーだと感じていました。

その「富士山麓」が、2019年の3月で終売になるそうです。何でも売れすぎて原酒が足りないらしいのです。
「富士山麓」には同じブランド名で高価格帯の「シグナチャー」があります。これは販売を続けるということです

 
ウイスキーの原酒不足が広がってきた。国内ウイスキー大手、キリンビールは2019年春をめどに国産ウイスキーの主力「富士山麓 樽熟原酒50度」の販売を終える。

ハイボール人気で国内のウイスキー市場が拡大するなか、同商品の販売も想定以上に伸びている。原酒の不足がより深刻になり、他の商品を含めて供給ができなくなる事態を避けたい考えだ。

キリンは28日、卸会社や小売店などの流通会社に、樽熟原酒50度の販売を終えることを伝え始めた。19年3月末が最終出荷になる見込み。富士山麓ブランドの高価格帯商品「シグニチャーブレンド」(店頭想定価格5400円)など、樽熟原酒50度以外で通年で販売する4ブランドは今後も販売を続ける方針だ。

樽熟原酒50度は従来商品を刷新して2016年に発売した。キリンで国内唯一のウイスキー製造拠点である「富士御殿場蒸留所」(静岡県御殿場市)で生産している。
店頭想定価格は1700円前後。販売は1~10月累計で前年同期より14%伸びている。

原酒の量が限られるなか、キリンは8月に全国発売し、今後の旗艦商品と位置づけるシグニチャーブレンドや、今後開発する新商品などに原酒を配分したい考えだ。
蒸留所に投資して、原酒を入れて熟成する樽の貯蔵庫なども拡充していく見通し。原酒の在庫の積み増しにも努める。

市場が急速に伸びるなか、熟成に時間がかかる原酒の不足はメーカー各社の共通課題として浮上している。大手ではアサヒビールが15年、国産ウイスキー「余市」「宮城峡」で使う原酒の熟成年数を表記した商品の販売を終えた。
代わりに年数を表記しない商品を発売した。サントリースピリッツは18年6月に「白州12年」、同年9月に「響17年」の販売を休止した。
アサヒやサントリーが一部の高級ウイスキーの販売を中止したとき、キリンはどうかなあとは感じていました。今回の終売は驚きませんでした。でも、高価格のウイスキーではなくて普及版のウイスキーからやめるなんて、原酒不足がよほど深刻だったのでしょう。
販売が14パーセントも増えていれば、原酒が足りなくなるのも当然かもしれません。

日経新聞に連載されていた、サントリーの鳥井信次郎氏の伝記小説「琥珀の夢」ではウイスキーを作る苦労が山ほど書かれていました。その中ではやはりウイスキーが造ってすぐ売れるものではないので、莫大な先行投資が必要だとわかりました。
キリンも、売れ行きが好調なのを受けてウイスキーの生産に対する投資を増やしていくらしいですが、成果が出るのが10年くらい先だと思います。

「富士山麓」を買い占めて、終売になった後に転売して儲けようとするような人間が出てくるのでしょうが、なくなるのなら欲しくなる心理は仕方がないのでしょうか。カルビーのポテトチップスでさえもオークションに出す人間がいるのですから呆れます。

サントリーの「響 21年」などは6万円近くの値段で売られています。品薄の幻の日本酒、例えば自今(じこん)は3万円近くします。飲んだことはありませんが、ほかにおいしくて安いお酒は山ほどあります。
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

国産そばが4割高ですって!原因は北海道の異常気象なのですが・・・

 
今の季節は新ソバが出てくる頃ですね。ソバ好きにはたまらない時でしょう。
ところが、新聞に気になるニュースが掲載されました。

「国産ソバが4割高 北海道で深刻な不作懸念 」というニュースです。

国産のソバ粉にこだわってソバを提供しているお店や、ソバ麺を作っている会社などはこのニュースに頭を悩まされていると思います。
ソバ粉の原料となる国産玄ソバ(殻つきの実)の価格が高騰している。
主産地の北海道は初夏から日照不足や台風に見舞われ、種まきから収穫まですべての段階で大きな影響を受けた。
2018年産の卸値は17年産より4割高く、9年ぶり高値となった。
新ソバの出回り時期を迎え、ソバ店などには品薄と原料高への懸念が広がっている。

■9年ぶり高値

国産の十割ソバを扱う店はコスト高が深刻だ(東京・立川の八十八庵)

今秋に北海道で収穫された18年産は、商社が45キロあたり2万円台程度で製粉会社などに卸している。
17年産は同1万4千円台の取引が多かった。

ソバの作付面積で北海道は全国の4割を占める。
単位面積あたりの収穫量が多いため、おおむね年間3万トン強とされる国産玄ソバの収穫量に占める比率は5割近い。

北海道では6月中旬以降、日照不足と長雨が続いた。
「ソバは荒れ地でも大丈夫といわれるが、湿気には弱い」(専門商社)。
水はけの良くないくぼ地で種まきをやり直した地域があったほか、成長も遅れ、夏に咲いた花も少なかったという。
8月下旬から10月にかけては大雨や台風が相次ぎ、収穫に影響が出た。

主産地のJAきたそらち(北海道深川市)は「通常なら10アールあたり約45~65キロほど収穫できるが今年は20~30キロ程度。
ダメージは非常に大きい」(担当者)という。

北海道では17年産の収穫量が約1万8千トンだったが、18年産は仮に3割減るだけでも6千トンが消える計算だ。
全国2~4位の長野、茨城、栃木3県の合計(17年産で約5800トン)に匹敵する。

関係者の間では「北海道は半減してもおかしくない」(商社)との声もあり、需給逼迫が懸念される。
北海道産の価格は本州のソバ価格にも影響を与えるため、卸や飲食店は警戒している。

農産物価格は各種の補助金によっても左右される。
ソバ生産に対する国の交付金は、生産量に比例した部分の支払いが2等以上の品質のみが対象と決まっている。
収穫量が少ないと検査を受ける数量も少ないことから交付金も減る。

農家が所得を維持するには価格を引き上げる必要があるが、競合する輸入品との見合いも課題となる。

■ソバ店、価格転嫁に苦慮

ソバは一般に玄ソバからひくソバ粉に加え、コシを出すために小麦粉を使う。
比率はそれぞれ異なり「二八(にはち)ソバ」なら小麦粉が2割、ソバが8割。
玄ソバの高騰で原価が最も上昇しているのは、ソバ粉のみで作る「十割ソバ」だ。
国産の原料にこだわる店舗の影響は大きい。

東京都立川市で十割ソバを提供する「八十八庵」は北海道産キタワセというソバのむき身を製粉会社から仕入れて石臼でひく。
「原料の購入額が10キロ9千円を超えるのは異例だが、メニュー価格は変えられない」と店主の青木秀之さんは語る。

品質に人気のある国産ソバだが、原料高の価格転嫁に苦慮する店舗は多い。安価な輸入品との価格競争も激しい。

一方、コンビニやスーパーのソバは小麦粉比率が高い場合で5割に達するという。
玄ソバは国産より6~7割安い米国産と中国産が主力で「ロシア産も増えつつある」(商社)。ソバのチェーン店も主に外国産を使う。
ソバの需要量は年間で12~13万トンです。そのうち日本国内で生産されるのは3万トンから4万トンです。自給率は25%というところでしょうか。
そのうち北海道では1万8千トンくらいが生産されています。2位の茨城県が2千トンくらいですから圧倒的ですね。

その北海道での生産量が6千トンも減るのですから、価格が上がって当然でしょう。

仕方ない、国産の新そばは今年は我慢するか。ということになるでしょうが、ちょっと待ってください。問題はソバだけではありません。

 

北海道の農作物が軒並み凶作

今日の新聞には小豆が不作で、値段が高騰しているという記事が載っていました。
小豆ばかりか北海道で生産されている農産物が軒並み不作なのです。

米、小麦、大豆などの豆類が、不作です。

そういえば、昨年はジャガイモが大雨の影響で収穫が激減し、カルビーなどのポテトチップスメーカーが一部の商品の生産中止に追い込まれたのが記憶に新しいです。
北海道の農産物の出来具合の影響は大です。

農産物だけではない

農産物だけではありません。
北海道では家畜に食べさせる牧草の生産も大きな比重を占めています。その牧草が今年の猛暑で不作です。
今年の異常気象は、乳牛の食欲もなくしてしまい牛乳の生産量も激減しています。

山の中でも異常が

北海道だけではないのですが、今年はブナやミズナラなどの実(いわゆるどんぐり)が不作です。
ドングリが不作の時には、山ブドウやサルナシなどの果実が豊作の時が多いのですが、こちらも不作です。
これらを餌としている山の動物にとっては深刻な食糧不足が予想されます。

その動物の中でも心配なのが、ヒグマです。ヒグマは秋にドングリなどを食べて冬眠に入ります。
食料が少ないと人里に出て食料を探す行動に出るかもしれません。人とのトラブルが心配です。

 
北海道の異常気象による農産物の不作が一時的な物であればよいのですが、最近の全国的な異常気象を考えると心配になります。

 
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

日本のウユニ塩湖と言われていている絶景があるらしい

あなたはウユニ塩湖をご存知ですか?南米のボリビアにあり、湖面に空や人を映し出し、天空の鏡として有名です。世界の絶景としてたびたび紹介されています。上の写真がそうです。

しかし、日本から行くのは大変です。日本からボリビアに行くのに約2日、ボリビアから日本に帰るのに約3日かかります。そして、ある場所は富士山と同じくらいの高さの3700メートル。高山病の心配があります。ほとんどの人がこれを聞いただけであきらめてしまいそうですね。

しかし、まるでウユニ塩湖にいるかのような写真が取れるところとしてSNSで紹介されているところが日本にあるのです。

それは、香川県三豊市にある海水浴場「父母ヶ浜(ちちぶがはま)海水浴場」です。
父母ヶ浜は干潮時に多数の潮だまりが出現して、鏡のようにあたりを映し出します。特に夕暮れ時はオレンジの色合いが幻想的な雰囲気を漂わせます。

三豊市観光流局によると、海水浴以外で父母ヶ浜を訪れる人は2016年までは月に数十人だったのが、18年5月には約2万人が訪れるようになったそうです。

きっかけは地元の写真コンテストに出品された一枚の写真です。夕暮れ時の潮だまりに2人の少年が映る写真。この写真に興味を持った観光交流局の人が、地元のカメラマンと撮影条件を探りました。
そして、干潮時にの夕暮れで風のない時に潮だまりが鏡のように風景を映し出すのを発見したそうです。

父母ヶ浜には外国人の姿も目立つようになりました。高松空港との間に国際便がある香港や台湾からの観光客が多いそうです。

地元の人も気づいていない観光地、探せばもっと見つかりそうですね。

 
 
父母ヶ浜の詳しい情報はこちら

 

発毛剤の市場が熱い!参入が相次いでいるそうですが・・・

発毛剤市場への新規参入が相次いでいるそうです。
日用品メーカーのアンファーが、8月6日に発毛成分「ミノキシジル」を含む男性向けの発毛剤を発売すると発表しました。
他にもロート製薬や加美乃素本舗(神戸市)も参入を検討しているので、ライバル製品が相次ぐことで販売競争が激しくなりそうです。

今までは、大正製薬の「リアップ」が、唯一の効果のある「発毛剤」として有名でした。
なぜ今発毛剤市場への参入が相次いでいるかというと、「リアップ」に含まれている「ミノキシジル」という発毛成分や、製剤の特許の一部が段階的に切れたことなどで、他社でも発売することができるようになったのです。

若くて髪の悩みがない人には、ほとんど関係ない話題なのですが、私の見解ではほとんどの男の人は多かれ少なかれ薄毛や脱毛の悩みを抱えてくるものです。

複数の企業が発毛剤市場に参入して競合が激しくなれば、商品も安くなり買いやすくなるというものですから歓迎しましょう。

実は私もハゲに悩んでいた一人です。若い時には山のようにあった髪が、年を重ねるとどんどん抜け落ちて頭の前の部分がすっかりハゲてしまいました。

どうやっても隠し切れなくなった時に、発毛について調べまくったのです。発毛専門の医院の存在を知り通ったりしました。
その病院で「ミノキシジル」の成分の入った発毛剤を知りました。また、飲む発毛剤もあることを知りました。

しかし、これが高いのです。通院すると1か月に10万円くらいかかります。また、発毛剤も1か月2万円です。
もっと安い発毛剤はないかと探して、インドの製薬会社が作っているのが成分が同じで1か月3千円くらいで済むことがわかり、その輸入の代行をしている会社で購入したりしました。

また、国内で作っている効果のある育毛剤(発毛剤ではない)も試したりしました。1年で10万円くらいかかりました。

さて、効果のほうですが、少し黒くなったような感じだったので効果が全くないということはありません。しかし、ふさふさというのには程遠かったです。だから、今はすっかりやめてしまいました。
使い始めたら、ずっと使わなくてはいけないというのは麻薬みたいに思えたからです。

60歳を過ぎてしまえば、髪が生えていようがハゲだろうが本質には関係ない!ハゲならハゲで味があるということがわかりました。上の写真のショーンコネリーさんは、ハゲているからかっこいいのですよね。

薄毛に悩みのある「若い」あなた!
育毛剤や発毛剤は若い時に使い始めればそれなりに効果はあります。しかし、一生使い続けないといけません。
人間力を磨くとか、教養を身に着けるとかもっと他にやることがあるのではと思ってしまいます。

 
 
日用品のアンファー(東京・千代田)は6日、発毛成分「ミノキシジル」を含む男性向け発毛剤を発売すると発表した。

大正製薬ホールディングスの発毛剤「リアップ」シリーズと競合する初の後発薬となる。

他にもロート製薬や加美乃素本舗(神戸市)も参入を検討している。ライバル製品が相次ぐことで販売競争が激しくなりそうだ。
 アンファーが発売するのは「スカルプD メディカルミノキ5」。6日から同社のオンライン通販サイトの会員向けに限定販売を始めた。

 8日からは米アマゾン・ドット・コムなどの通販サイトとマツモトキヨシの一部店舗でも販売する。

 これまで「発毛剤」と表示できる大衆薬は大正製薬の「リアップ」シリーズだけだった。

有効成分のミノキシジルや製剤に関する一部の特許が段階的に切れたことなどで他社も発売できるようになり、現在はロート製薬や加美乃素本舗も発売を検討している。

 発毛剤や育毛剤の主な消費者は50代以上の男性だが、薄毛を気にする若い世代は多い。

リクルートライフスタイルの調査によると20~30代の6割が「自分が将来薄毛になることがとても不安だ」答えた。

 調査会社アンテリオ(東京・千代田)によると20~30代がヘアケアにかける平均金額は年1万5千円程度と50代より5千円少ない。今後「発毛剤」の競合製品が増え、価格低下につながれば、薄毛に悩む若年層の掘り起こしにつながりそうだ。

 ただ、低価格化へのハードルは高い。「メディカルミノキ5」は1本60ミリリットル入りで税抜き7223円。

先発薬の「リアップX5プラス」に比べ175円高い。一般的に後発薬はブランドの浸透している先発薬より価格を安めにして優位性を得ようとする中、異例の価格設定だ。

 「ミノキシジル」はもともと高血圧治療薬で血管への影響があるため、例外的に人への安全性を確認する臨床試験が求められた。他にも製剤化にコストがかかり価格を抑えられなかったという。

 アンファーは17年10月に同製品の発売を発表したが、添付文書に不備が見つかり発売を延期。先行販売していた商品も回収した経緯がある。今回は前回と同じ成分での再発売となる。
人材サービスのパソナグループが
キットカットといえば、受験シー
新潟県新発田市にあるふじの井酒
衛星放送のスカパーJSATは2

クラフトボス大増産! サントリーがペットボトル飲料に130億円投資

缶コーヒーはあまり飲まないのですが、サントリーの「クラフトボス」は初めてコーヒー飲料をペットボトルで販売した製品なのだそうです。そして、これが大ヒット!発売からしばらくは品切れ状態のお店もあったとか。
特に「クラフトボス ラテ」は発売から3日で出荷停止になるほどでした。

なぜペットボトルのコーヒー飲料が売れたかというと、ペットボトルだと一人で仕事をしながらでも飲むことができ、ふたをしながらちびちびと飲めるからです。
なるほど、缶コーヒーでは容量が少ないし、飲み切らないと困りますね。

そこで「クラフトボス」を作っているサントリー食品は、たびたび投資を行って生産能力を高めてきました。
今度は130億円という大投資をして、2020年までにペットボトル飲料の生産能力を現行の4割増しにするということです。

 
サントリー食品インターナショナルは、ペットボトル入りコーヒー「クラフトボス」などを増産する。
群馬県内の主力工場に約130億円を投じ、2020年以降にペット飲料の生産能力を現行から4割強増やす。職場で時間をかけて少しずつ飲む“ちびだら飲み”をする若者の需要を取り込んでいる。
 製造子会社の榛名工場(群馬県渋川市)のペット飲料の生産能力を年3400万ケースと、従来の1.4倍に引き上げる。
クラフトボスや、麦茶飲料「グリーンダカラ やさしい麦茶」を中心にペット飲料を増産する。
今年冬に設備増強に着手し、21年春までに順次、稼働する計画だ。

 宇治川工場(京都府城陽市)では70億円を投じて19年夏ごろまでに生産能力を増やす計画も公表済み。
クラフトボスの生産増強を矢継ぎ早に打ち出している。

 ペットのクラフトボスはフタが閉まり、容量も多い。職場の自席で少しずつ長い時間をかけて飲むニーズに合致した。
若者や女性ら、小型缶コーヒーになじみの薄かった消費者を取り込んでいる。

7月には18年の販売計画を2千万ケース以上と従来に比べて500万ケース超、上積みした。

上島珈琲などのほかのコーヒー飲料メーカーも、このサントリーの「クラフトボス」の売れ行きを見てペットボトル容器の飲料に相次ぎ参入しています。お茶で有名な伊藤園も、初のペット容器入りコーヒー「タリーズコーヒー スムース ブラック ミディアム」を発売しています。

しかし、コーヒー飲料の生産というのは当然コーヒー豆を調達して、焙煎して、挽いて、抽出するわけですから、ものすごい手間がかかりそうです。特に焙煎は大変です。
どうするのかなと思っていたら、サントリーは神奈川県に焙煎工場があり今度新工場が稼働したということです。

焙煎専門の工場の投資額は約20億円。新工場の焙煎機はイタリア製で、従来の3倍の30万通りの香味を実現できるのだそうです。
「クラフトボス」飲んでみたくなりました。

 
 
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

アマゾンが日本に実店舗を持つようになるのか? ウォルマートが西友の売却検討

ウォルマートが西友の売却を検討しているという話

今朝入ってきた日本経済新聞の速報によると、世界小売最大手の米ウォルマートが、傘下の国内大手スーパーの西友を売却する方針を固めたとのことです。

複数の流通大手や投資ファンドと売却の話を進めています。既存の小売り大手と、米アマゾン・ドット・コムなどのネット大手との競合が激しくなり、ウォルマートは世界規模での事業の見直しを進めるのでしょう。その影響が日本にも押し寄せてきています。

売却が実現すると、その売却額は3000億円から5000億円とみられます。小売り大手や商社などのほか、投資ファンドなどが売却先として考えられます。

買収のメリットを考えると、コンビニエンスストアやドラッグストアなどとの競合で、スーパーマーケットの優位性は薄れていますし、全国に335店舗ある西友の物件の中には老朽化した物もあり、大きな設備投資がかかります。
また、同業が買収した場合は店舗や物流拠点の統廃合といったコストに加えて、人材面の負担も大きいのでメリットはあまりないように感じます。

それに、ウォルマートが買収して西友が成長したかというと全くしていません。買い手探しは難航するでしょうね。

 

アマゾン・ドット・コムが西友を手に入れたら

そこで勝手な想像ですが、国内の小売り大手、商社、投資ファンドが売却の話に乗らなかったら、売却価格の交渉がうまくいかなかったら、アマゾン・ドット・コムが引き受ける。という話はどうでしょうか。

アマゾンは、米国でホールフーズという高級スーパーを1兆5000億円で買収しています。まさにウォルマートに真っ向から勝負を挑んでいるんですね。
この買収により、ホールフーズは生鮮品の値下げをし、さらにアマゾンのネット通販の受取先などの機能を持つようになりました。

それと同じことを日本でやるということです。東京や神奈川など人口の多いところの店舗は、実店舗の機能にネット通販のハブとしての役割をプラスできます。
採算の合わない店は、物流拠点のハブの機能だけでもいいわけです。

私もアマゾンのネット通販を利用しますし、アマゾンプライムの会員になっています。
アマゾンプライムのすごいところは、年会費を払うと大抵のものが送料無料になるところです。この前は800円のアウトドアで使う箸、スプーンセットを上海の業者に注文しましたが、送料はかかりませんでした。

徹底的に顧客中心なのですね。また、プライムのサービスには無料でビデオが見れたり、音楽が聴けたりします。
どこまで利益度外視しているのかよ、というくらいです。

もしアマゾンが西友の店舗網を手に入れたら、消費者にとってはアマゾンから離れられなくなるのではないでしょうか。
しかし、既存の小売業者やサービス業者には破壊的な影響が出てきそうです。

売却先がどこになるのか、ちょっとワクワクしています。

しかし、ウォルマートが米国の脅威を感じている競合先に売却話をするかどうかはあまり望みがないように思います。
日本からは完全撤退するから一番高く買ってくれればどこでもいいよ~、なんて思っているとすればない話ではありません。

ちなみに、ウォルマートの広報は日本経済新聞の問い合わせに対し「うわさや推測にはコメントしない」と回答しています。

 
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

タコよおまえもか!タコの価格がどんどん上がっている

 
タコの卸売価格が高騰しています。小売価格も1年で3割高になっています。
高級品ではありませんが、このまま上がっていくとタコ焼きも気軽に食べられなくなりそうです。

そういえば、最近タコ焼きの中のタコが小さくなったような気もします。

 
タコの卸値の上昇が続いている。スーパーや回転ずしで扱う輸入の冷凍品は、前年同時期と比べ5割高。
瀬戸内などで夏漁が本格化した国産も同2~3割高い。主力のアフリカ産が世界的な需要増で大幅に上昇し、国産タコの価格にも波及している。
国産品は前年に比べ2~3割高い

 東京・築地市場の冷凍タコの卸値は1キロ1500円前後と、前年同時期に比べ5割高い。
国産品は2~3割高の同1200~2800円。特に輸入品の値上がりが目立っており「これほどの高値は経験したことがない」(築地の卸)との声が聞かれる。

 値上がりの最大の原因は、米国や欧州の需要増だ。これまで安かったモロッコやモーリタニア産は国際的な争奪戦となり「日本が買い負けるケースが増えている」(大手水産商社)。

 卸値の上昇は小売価格にも波及している。
総務省の小売物価統計調査によると、6月中旬の東京都区部の平均小売価格は、100グラムあたり372円と前年の6月と比べ3割上昇。
エビ(同325円)やホタテ(同285円)を抜き、マグロ(同455円)に迫る。

 輸入品が国産を上回る逆転現象も起きている。都内の鮮魚店では、国産が100グラム400円前後、輸入品が500円前後の値札が目立つ。

 鮮魚大手の魚力は、国産を前年比2割高の378円、アフリカ産を同5割高の398円で販売している。夏の需要期を迎え「今年は風味や鮮度の良い国産を積極的に販売したい」(魚力)。

 「明石タコ」で知られる国内最大のマダコの産地、兵庫県明石市では今月上旬、漁の本番を迎えた。漁は8月上旬までが最盛期だが、今年は出だしの漁獲がやや少なめという。
日本人のタコの消費量は世界1位だそうです。世界の漁獲量の約6割を日本で食べています。
ほかの国ではタコは食べないと思っていました。特に欧米では「デビルフィッシュ」と言われてあまり食べる習慣がなかったと聞いています。

しかし、実際にはイタリアやスペインではよく食べられています。

なぜ、タコの価格が右肩上がりに上がっているのか。

原因は、世界的な需要増で日本に入ってくる量が減ったのと
漁獲量の減少

そして、日本食の世界的なブーム、シーフードとしてタコの良質なたんぱく質が見直されているためです。
アメリカと中国の巨大な消費国の参戦で、タコの需要が激増しています。

モーリタニアやモロッコのタコ壺漁は、日本の指導で始まりました。
今では、国の重要な産業になっているのだそうです。

タコも、やがてウナギのように絶滅が心配される生物になるかもしれません。

しかし、多少の希望があります。ウナギの完全養殖はほとんどできていませんが、タコの場合は2017年に日本水産が成功しています。

キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

美少女コンテストのグランプリは売れないという話

 
6月22日の日本経済新聞に、「審査員特別賞が勝つ時代 万人受けより「化け」狙う」という記事がありました。
マーケティングや経営戦略的な意味から、とても考えさせられました。

案の定記事の終わりにマーケティングの話が出てきます。

 
 
同志社大学で組織論などを教える太田肇教授の持論は「美少女コンテストのグランプリは活躍しない」だそうです。
仮説は持っていたが、有名芸能事務所のオスカープロモーションが開催している「全日本国民的美少女コンテスト」を調査したところ、確信したといいます。

 
学生にコンテストで受賞したタレントについて意見を聞いてみると、知名度が高いのは審査員特別賞や演技部門賞をもらったタレントばかり。代表的な例は、審査員特別賞だった米倉涼子さんや上戸彩さん、モデル部門賞に選ばれた武井咲さんなどの面々だ。剛力彩芽さんに至っては予選落ちしているという。
 本当にグランプリに輝いたタレントは成功率は低いのか。芸能関係者にこの事実を聞いてみると「確かにその傾向はある。オスカーだけでなく、他の事務所でも共通している」との答えが返ってきた。いったいなぜ?

太田教授は「グランプリは多くの人によってあらゆる角度から評価される。この結果、角が取れ、既視感のある人が選ばれるからではないか」と指摘する。新規性や意外性が捨てられるので「化ける」可能性が低いというわけだ。大量の情報が飛び交う今、「今は選んだら外れる時代」(太田教授)とまで言う。

 見たことがなかった才能や商品サービスに対しておおむね否定的な評価が多いのは世の常。2万店を達成したセブンイレブンも1974年に出店を始めた頃は「大型店の全盛時代に成功は難しい」との見方が多かった。既存の常識にとらわれすぎるとお宝を見逃す。
ビール不振の中、「世にないもの」を提案し、2017年まで13年連続で増収増益を続けるヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)。成功の秘訣は大株主の意見にも耳を貸さないこだわりだ。

 大株主とは星野リゾートの星野佳路社長。ヤッホーが30代の働く女性向けにビールの新製品「水曜日のネコ」を企画したときのことだ。星野社長は試飲すると「飲んでも軽すぎる」「デザインも気に入らない」などダメ出しを連発。

 そこでヤッホーの井手直行社長は「これは星野社長のようなビール通は残念ながらターゲット外。だからその印象は正解です」と返し、発売を強行した。結局、水曜日のネコは売れ続け、今も30%増の伸び率を示している。もう星野社長の口出しはない。

ヤッホーはターゲット層にインタビューしながら、表面化していないニーズをつかみ、商品化する。「万人受けを狙う既存のビール文化を変える」(井手社長)。まさに特別審査賞を重視するような姿勢だが、実はヤッホー、売上高で業界5位のオリオンビールに接近しているもよう。猫はいよいよ化けるか。
一生懸命に審査員が審査して選んだ「グランプリ」が、芸能界に出るとパッとしない例が多いのだそうです。
選んだら外れる。というような現象がなぜ起きるのでしょうか、興味があるところです。

同じような現象が、企業の採用選考にも見られないでしょうか。
あるいは、新商品開発などで発売された新製品にも当てはまらないでしょうか。

多くの人が審査にかかわり、あらゆる角度から審査されればすっかり角が取れた人や物を選びがちです。
また、審査する人の今までの経験や常識で選ぶので、新規性や意外性がはねられてしまいます。

しかし、審査員の中には少し感受性の方向が違っている人もいるのでグランプリになった人とは違う、意外性や新規性を持った人を選び、強くその人を推すことで、審査員特別賞にそういう人が選ばれるんですね。

企業が今までと同じことを踏襲して拡大していくことができた時代は、万人受けする経営戦略でよかったかもしれません。
ところが、今は新しいことを切り開かなくては生きていけない時代になっています。

その例として、同じ写真フィルムメーカーだったコダック社と富士フィルムです。コダックは倒産し、富士フィルムは生き残っています。

新しい価値観や異なるアイデアを持った人間を探す努力をしなければいけない。
いうのは簡単ですが、むつかしいことです。
それを考えると、ヤッホーブルーングの社長が、大株主の星野社長の意見を全く取り入れなかったというのは驚きます。

〇〇通とか、○○の専門家などというのは新規事業や新製品の開発には必要ないですね。

あなたは、商業施設やお祭りなど
テーマパークのハウステンボス(
シネマコンプレックス最大手のイ

ドライアイスが品薄に?その原因が意外なところに!

 
これから夏にかけて、外に持っていく生鮮食品は保冷しないといけません。バーベキューをやるときにはクーラーの中に肉や魚を入れて保冷剤と一緒に持っていきますよね。
最近は保冷剤を冷蔵庫で冷やして持っていきますが、大量に持っていく時などにはドライアイスを使います。

一般家庭ではあまりなじみがないドライアイス。普通のお店では売っていません。
生鮮食品を扱う通販ショップや、宅配便では欠かせないものです。

そのドライアイスが今年は特に品薄だといいます。
昨年も、猛暑が続いて品薄だったので2年連続の危機です。

しかし、その原因というのが思わぬ業界の事情だったのでびっくりしました。

ドライアイスの原料は? どうやって作られるの?

ドライアイスの原料となるのは、原油を精製するときに副産物として作られる炭酸ガスなのです。
その炭酸ガスを高圧で液化させた液化炭酸ガスから、ドライアイスが作られるのです。

ところが、最近製油所のトラブルの続発と、製油所での原油処理の減少が原料の炭酸ガスを減少させているのです。

ほかの製造方法もありますが、コストがとてもかかるのでほとんどやられていません。

原油処理から発生する炭酸ガスですから、そのままでは使えないので様々な加工をして安全にするわけです。

どうやって乗り切ればいいのだろうか

この、品不足の心配をどうやって乗り切るかですが、
まず一つは輸入です。
ドライアイスの国内需要は35万トン前後です。そのうち輸入は2万6千トン前後で、ほとんどを韓国からの輸入に頼っています。

しかし、現段階では韓国からの輸入の拡大は心もとないのだそうです。

低濃度ガスからの生産を増やす方法もあるらしいのですが、コストがかかります。

メーカーでは値上げも検討していますが、品不足になるので解決方法ではありません。

それに、ドライアイスの需要は6月末からお盆くらいまでに6割以上という季節商売です。
値上げをして、シーズンオフの時に客離れを招かないとも限りません。

生鮮食料品などを扱う電子商取引(EC)のサービス拡大で、ドライアイスの需要は宅配向けを中心に3%程度伸びています。
宅配業界や、生鮮食品を通販で扱う業者の皆さんは対策を考えないといけませんね。

ほかにも影響が出そうな気が・・・

ドライアイスは固形の炭酸ガスですが、炭酸ガスというのは思いもつかないところで利用されていることを知りました。

たとえば、特殊な方法での溶接、機械や部品を洗浄するときにはドライアイスで洗浄するそうです。
また、病院で内視鏡手術を行うときにも炭酸ガスを使用します。
それから、最近増えてきた野菜工場の生育の促進にも使用されています。

そのようなところにも影響があるかもしれませんし、

何より炭酸ガスを使った清涼飲料水の生産にも影響があるような気がします。
炭酸飲料が飲めなくなるかもしれません。

 
 
人材サービスのパソナグループが
ビールメーカー各社が、ノンアル
ファミリーレストラン最大手のす
通販大手の千趣会が、ネイルサー

ハンガリーの「国宝」豚が輸入禁止になった?

ハンガリーの国宝の豚って、何でしょうか。
あなたも疑問に思ったことでしょう。

私もこのニュースを読むまでは全く知りませんでした。

その豚の名前は「マンガリッツア豚」といいます。

姿はこんな感じです。

どうです。かわいらしいでしょう。豚なのに羊のように長い毛でおおわれています。
およそ200年前にハンガリーで誕生した特殊な豚です。同国では第二次世界大戦前まで数百万頭の規模で伝統的な放し飼いか半放し飼いで飼育されていました。

なぜ国宝かというと、この豚は世界で最も脂肪率が高い豚で濃厚な赤身のほかに良質な脂も取れます。ところが20世紀の後半に入ると、脂より赤みが珍重されるようになり、肉が多く取れ大量飼育ができる豚種が普及し、マンガリッツァ豚が急減します。1991年にはわずか198頭しか存在しない、絶滅寸前の状態になったんです。

その残り僅かのマンガリッツァ豚を保護し、飼育管理制度を設け、現在では5万頭まで復活しています。2004年にはその希少性からハンガリーの「国宝」に指定されました。

この豚の肉の味はというと、麦やヒマワリの種などを食べて育っていて、牛肉のように霜降りの率が高く普通の豚よりも低い温度で脂が溶けて甘い味わいが楽しめるのだそうです。独特の容姿と味が日本でも評判になり、レストランでの取り扱いが増えていました。

 
ところが、

今年4月に、ハンガリーでアフリカ豚コレラが発生し、農林水産省が同病の国内への侵入を防ぐとして、ハンガリーからの豚肉の輸入を一時停止しています。禁輸が長引くと、日本ではおいしいマンガリッツァ豚の肉が食べられなくなるというわけです。

福島県郡山市では、生きたマンガリッツァ豚を輸入して新たな名物に育てようとしていたのですが、計画は中断してしまいました。
ハンガリーからいつ輸入が再開されるか、食肉関係者は心配しています。

名前を知ってしまうと食べてみたい気がしますね。豚といえば、スペインのイベリコ豚というのが有名です。
なんでもマンガリッツァ豚とイベリコ豚はルーツは同じだそうです。
味のほうは、イベリコ豚が力強いインパクトのある味とすると、マンガリッツァ豚は繊細な味らしいです。

ただ、イベリコ豚が有名になったときにそんなに輸入量が多いわけじゃないのにどの店に行ってもイベリコ豚を置いてある現象が起きたように「偽マンガリッツァ豚」が出回るのではないかと心配です。

 
キリンビールが造っているウイス
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

未来のコンビニは自動運転EVで増えていくかもしれないぞ!/トヨタがセブンイレブンに提携交渉

 
トヨタ自動車が、自動運転車両を使った新しいサービスの開発で、ヤマト運輸やセブンイレブンと提携する交渉に入りました。

自動で移動するコンビニエンスストアへの活用などを検討しています。

自動運転技術が浸透すると、新サービスが生まれる可能性が高まります。自動車メーカーが、外部企業と協力動きが広がってきました。

 
 
移動するセブンイレブンは、自動運転の電気自動車(EV)に商品を積んで決まった地点まで出向くか、消費者が車両を止めて買い物できるようにする構想があるようです。

また、ヤマト運輸とは短距離の配送拠点間の荷物を無人のEVで運び、家庭まではロボットの配送車両などを使って届ける仕組みを検討しています。

スターバックスとは移動カフェ、トヨタ織機都は無人のロッカーを使って家庭に荷物を届けるサービスを開発する構想があるそうです。

 
自動運転で移動するコンビニ、カフェ、ロッカーというのが現実に近づきましたね。移動コンビニの場合は販売員が乗らないといないと考えますが、移動地点の先々で契約した販売員が店をオープンさせれば無人で走ることも可能です。カフェもそうですが、短い時間だけカフェをやりたい人に貸し出すビジネスも考えられます。

自動運転技術によって、運送業界は変化していくのはもちろんですが、小売業界も同様でしょう。しかし、構想されているサービスは利用者のみならず提供者や社会にも大きな恩恵を与えてくれそうですね。
人材サービスのパソナグループが
ビールメーカー各社が、ノンアル
ファミリーレストラン最大手のす
通販大手の千趣会が、ネイルサー

透明なコカ・コーラが出る

 
日本コカ・コーラから、6月11日に透明なコカ・コーラが発売されます。黒いイメージが強いブランドですが、透明という新たな切り口で新しいイメージを開拓するようです。

健康志向の高まりで、糖分が多く含む炭酸飲料を敬遠する消費者もいる中で切り口を変えて新たなファン層の開拓につなげます。

商品名は『コカ・コーラ クリア』です。従来品の黒色は原料に使うカラメルに由来していましたが、新商品では使いません。代わりに原料を見直し、レモン果汁を加えるなどしてカロリーゼロと爽快感のある味わいを実現しています。

コカ・コーラでは特定保健食品(トクホ)や凍らせて飲むパウチ入りの商品など、従来とは違った切り口の商品を投入しています。

 
 
透明なコカ・コーラですか。カラメル色の原料がいらないから日本国内で生産できそうですね。要するにサイダーでしょう。
味を変えたといっていますが、コカ・コーラの名前を付けるのはちょっと無理があるのではないでしょうか。

それから、カロリーゼロというのは砂糖を使わないで人工甘味料を使うということですね。この人工甘味料というのが曲者なんです。アスパルテームとかスクラロースとか・・・。
この人工甘味料はカロリーゼロなのに取りすぎると太るんです。おまけに体内に入ると体が砂糖が入ったのと同じ反応をしてインシュリンが出てきます。たくさんとると糖尿病になる危険性もある。そして、砂糖と同じ依存症になるのです。

これから暑くなる季節ですが、透明だから安心ということは全くありません。新製品だからと言ってたくさん飲むのはあまりよくありませんね。
キリンビールが造っているウイス

吉野家が4月中に世界で2000店を達成する

 
早い、安い、うまい、牛丼店の吉野家ですが、4月中に世界の店舗数が2000店を超えることになりました。
海外の店舗数が全体の4割を占めるそうです。

 
吉野家ホールディングス(HD)は19日、牛丼店「吉野家」の世界店舗数が4月中に2千店を達成すると発表した。2001年の1千店達成から17年。2010年以降、国内店舗数は1200店前後で推移しているが、中国などを中心に出店を積極化し海外店数が4割を占めるようになった。

今月26日に出店するCOROWA甲子園店(兵庫県西宮市)が吉野家ブランドの2千店目となる。店舗数は海外799店、国内1201店。海外店舗では牛丼(ビーフボウル)のほかにチキンボウル、牛肉と鶏肉をあわせたコンボ、ローカライズ商品なども展開している。

吉野家HDは1975年に米国に初となる海外店舗を開業した。その後、中国を中心に出店を進め20の国と地域に展開している。足元ではハラル認証も取得し、インドネシアなど東南アジア地域の開拓も急いでいる。

牛丼大手ではゼンショーホールディングス「すき家」が18年3月末時点で海外386店と国内1944店の計2330店舗を直営で出店。松屋フーズは牛丼ではなく、とんかつ店「松のや」を海外に11店展開している。国内の飽和感を指摘する声もあるなか、各社は海外の需要開拓に取り組んでおり、日本の丼物が世界に浸透しつつある。
日本の外食産業の海外展開が盛んです。上場企業の半数以上が海外展開をしています。

飲食店の海外進出の背景には、もちろん日本国内に進行する人口減による先細りを打破するもくろみもありますが、
世界的なヘルシー志向の高まりがあると思われます。
世界に広がっている「日本食人気」により、事業の成功の兆しが感じられるからでしょう。

特に中国、東南アジアへの出店が顕著です。東南アジアへの旅行で、日本食を食べるのに苦労することがなくなるかもしれませんね。

 
 
 
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

チョコボールの景品当選が2倍になるのだが 果たしてあたるのだろうか

森永製菓から発売されているチョコレート菓子の「チョコボール」が発売50周年を迎えました。
それを記念して、期間限定で景品の「おもちゃのカンヅメ」が当たる確率を2倍にするそうです。

箱の内側に大当たりを示す「金のエンゼル」のマークがついた商品を11月中旬から増やします。

オリジナルの商品を詰め合わせたおもちゃのカンヅメは、金のエンゼルなら1枚、「銀のエンゼル」なら5枚集めて応募するともらえます。
当たる確率は公表されていません。来年2月ごろまで金のエンゼルの当たる確率を2倍にします。

また、チョコボールは発売50年を記念して、11月7日にグミをきな粉味のチョコで包んだ限定商品「金のきなこもち」を発売しています。これは2013年に販売して好評だった商品を改良したもので、来月2月ごろまで販売されます。

 
 
 
チョコボールのおもちゃのカンヅメは、発売以来内容が変わってきています。
40周年の時はしゃべる金のキョロちゃんでした。今度はどんなのでしょうか。

こんなものもコレクターがいるんですね。チョコボールを買わなくても、オークションなどで歴代のおもちゃのカンヅメは手に入るようです。

当たる確率は公表されていないとありましたが、You-tubeでチョコボールを1000箱買ってどのくらいの確率で当たりが出るかという
ものすごくばかばかしい動画がありました。
結果は金のエンゼルが2個、銀のエンゼルが20個でした。
金のエンゼルが当たる確率は0.2%ということでしょうか。

それにしても、景品目当てにお菓子を買うというのはあまりいいことではありません。

1000個買った人は、毎日チョコボールを食べ続けるのでしょう。
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

サンマが50年ぶりの不漁に 缶詰も値上げ?

「食欲の秋」というわけでおいしいものがどっさりと食べられるのが楽しみな季節ですね。

そのひとつに、「サンマ」があります。そのまま焼いて丸ごと食べられるので私は大好きです。
今頃になると一週間に2~3回はお昼にサンマの塩焼きを食べています。
ランチもサンマ、夕食もサンマということもあるくらいです。

そのくらいサンマ好きなのですが、昨年からどうもサンマが不漁になっているようです。

 
今年のサンマ漁は約50年ぶりの不漁となる見通しだ。10月末までの全国の漁獲量は、40年ぶりの不漁だった昨年の半分。サンマ漁は例年11月いっぱいで、1969年以来の不漁がほぼ確実になった。今年は痩せたサンマが多く、産地の卸値は前年より5割高い。店頭価格にも波及している。原料高で、マルハニチロは年始からサンマ缶詰を値上げする。
 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京・港)によると、10月31日までの全国の水揚げ量は4万5756トンと前年同時期の5割にとどまる。
主産地の北海道で前年比4割減、岩手県で55%減、宮城県は6割減で推移している。例年、漁は11月いっぱい続く。

 今年はサンマの魚体が細い。昨年は1匹150グラムが中心だったが、今年は120~130グラム程度。産地では水揚げ量が少ないため「魚の奪い合いになっている」(北海道根室市の加工メーカー)という。全国の主産地での卸値は1キロあたり350円前後と前年に比べ5割高い。東京・築地市場の11月上旬の卸値も同500円前後と前年同期比で3~4割高い。

 東京都内の鮮魚店では1匹200~300円の値札が多い。店頭価格も前年より3~4割高い。店長は「その上、細く脂も少ないので販売に苦戦している」と話す。

 2016年のサンマの漁獲量は10万9千トンと1976年(9万8千トン)以来の不漁だった。17年は一段と少なく、1969年(5万2千トン)以来、48年ぶりの不漁となる可能性が高まってきた。

 原料高を受け、マルハニチロは来年1月5日の納品分から缶詰「さんま蒲焼(かばやき)」の希望小売価格を170円(税抜き)から220円へ引き上げる。他の水産大手も1月からサンマ缶の値上げを検討中。店頭価格は現在の130円前後から200円ほどに上がる見通しだ。
 
 
 
いつも行っている定食屋さんが、さんまの塩焼きを出さなくなりました。やよい軒という定食屋さんにはサンマの塩焼きがメニューにあるのですが、すき焼き定食並に高いです。

スーパーマーケットでは生サンマが売られています。1尾300円です。確か前は3尾100円くらいだったと思います。

2008年には30万トン以上とれていたのが昨年は10万トン、今年は半分の5万トンの見込みだそうです。しかも魚体が小さい。

台湾や中国の漁船もサンマをとるようになったので、とりすぎというのも原因でしょう。一時アジやイワシがとれずに高級魚になりかけたことがあるので、サンマもそうなる運命でしょうか。

サンマはブリやマグロと違って一匹の値段が安いので、養殖というわけにはいきません。

サンマの蒲焼の缶詰も値上がりします。スーパーでの実売価格は100円くらいだったのが大幅に値上がりしそうなので、今のうちにストックしておこうかな。

逆にマグロはとれすぎて困っているということで、自然が相手だとうまくいかないですね。
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

カッパ寿司、1貫50円から販売 女性や年配客に配慮

回転寿司チェーンで売上高4位の「かっぱ寿司」では、11月下旬から一部の店舗ですし1皿を一貫にして税別50円で販売します。

現在は1皿2貫のセットを100円で販売していますが、客がより手軽に注文できるようにします。

11月1日からは全店で期間限定の食べ放題も導入し集客のテコ入れを図ります。

1皿50円の販売は首都圏の数十店舗でまず始める予定です。1貫単位で販売するのは回転ずし店では珍しい試みです。

これは、女性や年配客から「2貫だとすぐにお腹いっぱいになる」「もっと色々な種類を食べたい」という声に応えるためです。

客の反応を踏まえて全店舗での実施を検討します。

 
 
 
地元の回転ずし屋さんが、寿司とジャブシャブや焼き肉食べ放題の業態に転換しました。社長によるとこれからはインフレの時代になるから、客単価を高くするための転換だという話です。1,400円から2,000円のコースになっています。

変わる前は月に4,5回は行っていました。しかし、日々のランチに1,400円は重荷で行かなくなりました。

世の中は相変わらずデフレで、一部の富裕層の豪華な消費の話もありますが、消費者はリーズナブルな商品やサービスを求めています。

はたしてこの回転寿司屋の経営はうまくいっているのでしょうか。

100円寿司は高齢者にとっては食べる量を調整して楽しめるところだと思います。

また、女性が入りやすく食べやすくするのも良いサービスです。

1皿1貫50円というかっぱ寿司の試みの動向に注意していきたいですね。

 
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
キットカットといえば、受験シー

寝具メーカーのエアウィーブ 森トラストから研究開発費として2億円を調達する

エアウィーブは東京にある寝具メーカーです。

浅田真央さんや錦織圭さんなどが登場する広告を日経新聞でよく見ます。

一番の主力はマットレスパッドやベッドマットレスですが、掛け布団やパジャマなども提供しています。

値段は、超高いです。しかし、購入者は満足している方がほとんどです。

睡眠環境の研究に熱心で、睡眠アプリを作って睡眠の診断をしています。

このような寝具製造・販売の会社のエアウィーブが、森トラストから約2億円の出資を受けると発表しました。

調達した資金は新商品の開発や睡眠に関する研究などの費用に充てます。

エアウィーブは森トラストが手掛けるホテルの一部に寝具を納入しています。資本提携を通じ、森トラストが持つホテル運営に関する知見を今後の商品開発に取り入れていきます。

また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの「オフィシャルパートナー契約」を結んでいて、選手村などに自社の寝具を提供する予定です。森トラストとの連携により、多様な要望に応える商品開発を目指します。

森トラストのほかにも、エアウィーブは楽天や中部電力などから出資を受けるなど異業種との資本提携を進めています。2020年までの株式上場も視野に入れているとのことです。

 
森トラストとの連携で、ホテルで使用する寝具から睡眠に関する幅広い知見が収集できます。エアウィーブは自らも睡眠環境を売り物にしたホテルを運営するかもしれませんね。

楽天からの出資は、グループ会社である楽天キャピタルという投資事業会社からの出資です。12億円という金額は、投資事業先としても魅力ある分野であることが感じられます。
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー

ホームセンターのグッディ 花の状態をAIが評価するシステムを導入

グッディは福岡県那珂川町に本社のあるホームセンターで、主に九州に展開しています。

このグッディが人工知能(AI)で花の状態を評価するシステムを導入します。

現在は、バイヤーが仕入れ先を訪ねて花を評価し、仕入れる花を選んでいました。

しかし、この方法では担当者ごとに目視し評価するので判断にばらつきが出ます。

AIによる評価で仕入れや店頭での管理を効率化します。

主力商品のパンジーとビオラでの実証実験を重ね、2018年の導入を目指しています。

また、新しいシステムでは仕入れ先から画像データを受け取り、花の状態を評価することで生産現場まで出向く手間も省くことができます。

2017年3月期のグッディの売上高は約320億円で、成長分野のひとつと位置付けている花は7億円です。ビオラに続き、扱うすべての花の評価にAIを活用することを目指しています。

 
 
 
様々な種類のセンサーとインターネットをつなぐことで効率化が進んでいます。

特に農業分野での農作物の管理を半自動化する試みが行われています。

身近なところでは、ガスや水道、電気のメーターとネットをつなぎ料金を自動的に集約するようになると思います。

当然今あるガスや水道、電気のメーターの検査員という仕事はなくなります。10年後には今ある仕事の半分はなくなるというのも現実味がありますね。

人工知能とセンサーを組み合わせると、モノの評価や管理にばらつきがなくなり効率化できます。

しかし、いかに人工知能が発達しても音楽コンクールの審査、懸賞小説の選考など官能的な部分の評価はできないと思うのですが・・・

 
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
新潟県新発田市にあるふじの井酒
バニラ香料というのは、植物のバ
つくば市の中心部の歩行者専用道