ミノムシが作る「世界最強の糸」が話題になっている

あなた、1回くらいはミノムシが入った蓑が風に吹かれて揺れているのを見たことがあるんじゃないですか?

ミノムシは人里離れた所にはいなくて、手入れの行き届いた公園などによくいるんだそうです。
細~い糸1本で、強い風に吹かれても切れることなく揺れているのですがあの糸を利用しようと考えている人がいたんですよ。

愛知県名古屋市にある医療品メーカーの興和と、茨城県つくば市にある農研機構が、ミノムシの糸を工業製品などに使える技術を開発したそうです。

自然界最強と言われるクモの糸をしのぐ強度を持つ

自然界の繊維では、クモの糸が最強と言われ世界中で研究されています。しかし、今回技術開発されたミノムシの糸はそれを上回る強度を持っているそうです。
このミノムシの糸は、タンパク質から構成されているシルク繊維です。石油由来の化学繊維と違い、脱石油社会に貢献できる優れた繊維となることが期待できます。

興和と農研機構では、1匹のみのむしから、長いもので数百メートルにも上るまっすぐな糸を吐き出すことを助ける技術を確立したということで、現在のシルク繊維に代わる素材として実用化を目指しています。

熱にも強くてタフな糸

ミノムシの糸は、強くてタフネスといった構造材料としての理想的であることだけではなく、熱にも非常に高い安定性を示し。340度の熱にも耐えることができたということです。

ミノムシの糸はクモの糸に比べて、約2.2倍の丈夫さ、約1.8倍の強度を持ち、ナイロン糸の5分の1の細さなど、さまざまな利点があるそうです。

シルク繊維と言えば、衣服に使われていことは想像がつきますが、そのほかにも医療の道具として再生医療の素材として研究されています。

また、強度を生かせば自動車などのボディの強化にも使えそうです。

 
そして何よりも感心したのは、蚕からとるシルクは繭を茹でて蚕を殺してしまいますが、糸をとった後のミノムシを殺さずに次の世代に命がつながる採糸方法も確立したことです。

ミノムシの蓑で財布を作ることくらいしか思いつかなかった私、参りました。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
バニラ香料というのは、植物のバ
ベンチャー企業で、乾いた洗濯物
バンクガードは、インターネット

ホームセンターのグッディ 花の状態をAIが評価するシステムを導入

グッディは福岡県那珂川町に本社のあるホームセンターで、主に九州に展開しています。

このグッディが人工知能(AI)で花の状態を評価するシステムを導入します。

現在は、バイヤーが仕入れ先を訪ねて花を評価し、仕入れる花を選んでいました。

しかし、この方法では担当者ごとに目視し評価するので判断にばらつきが出ます。

AIによる評価で仕入れや店頭での管理を効率化します。

主力商品のパンジーとビオラでの実証実験を重ね、2018年の導入を目指しています。

また、新しいシステムでは仕入れ先から画像データを受け取り、花の状態を評価することで生産現場まで出向く手間も省くことができます。

2017年3月期のグッディの売上高は約320億円で、成長分野のひとつと位置付けている花は7億円です。ビオラに続き、扱うすべての花の評価にAIを活用することを目指しています。

 
 
 
様々な種類のセンサーとインターネットをつなぐことで効率化が進んでいます。

特に農業分野での農作物の管理を半自動化する試みが行われています。

身近なところでは、ガスや水道、電気のメーターとネットをつなぎ料金を自動的に集約するようになると思います。

当然今あるガスや水道、電気のメーターの検査員という仕事はなくなります。10年後には今ある仕事の半分はなくなるというのも現実味がありますね。

人工知能とセンサーを組み合わせると、モノの評価や管理にばらつきがなくなり効率化できます。

しかし、いかに人工知能が発達しても音楽コンクールの審査、懸賞小説の選考など官能的な部分の評価はできないと思うのですが・・・

 
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
新潟県新発田市にあるふじの井酒
バニラ香料というのは、植物のバ
つくば市の中心部の歩行者専用道

溶けないアイス 金沢大学で開発

夏真っ盛りの今日この頃。冷たいアイスやかき氷が欲しくなりますね。

でも、猛暑日の続く中で食べているとすぐに溶けてしまいます。もっとゆっくり味わいたいのに・・・・

溶けないアイスは無理だと思っていたあなた!

金沢大学で溶けないアイスを作る技術が開発されました!

ポイントはイチゴだそうです。

 
高温でも形が崩れない“溶けないアイス”が話題を呼んでいる。

金沢大の太田富久名誉教授らの技術をもとに開発。

4月に金沢市内で販売されると、ぶよぶよした独特の食感が若者の心をつかんだ。

地名にちなんだ「金座和アイス」との名称で、7月に東京・原宿と大阪・心斎橋でも販売を開始した。
温度が上がっても、ムース状となり形が崩れない<br>
温度が上がっても、ムース状となり形が崩れない

 溶けない秘密はイチゴに含まれるポリフェノール。

アイスは通常、氷の結晶とクリームの油脂分が結びついており、温度が上がって結晶が溶けると油脂分と分離して崩れてしまう。

 だが、アイスを凍らせる前にイチゴエキスを混ぜておくと、ポリフェノールが水分と油脂分をしっかり結びつけ、氷が溶けても乳脂肪が分離しない。

水は油脂分に取り囲まれ、柔らかいムース状になって形を保つ。必要なイチゴエキスは少量のため、味は通常のアイスと変わらない。

 開発したのは、太田名誉教授が責任者を務める「バイオセラピー開発研究センター」。

医薬品の効果を促進する果汁成分を調べていたのが新製品に結びついた。

 東日本大震災で被害を受けたイチゴ農家への支援策として、イチゴから抽出したポリフェノール入りのエキスを各地の洋菓子店に送付。

菓子作りに使うよう提案したところ「エキスを入れたクリームの形が崩れなくなった」と報告を受けた。

 試しに研究所で凍らせてみると「溶けないアイス」になることが分かったという。

2014年に特許を取得した。

太田名誉教授は「イチゴが人間の脂肪の付き方に作用することは分かっていたが、アイスに応用できるとは思わなかった。偶然発見した効果だ」と話す。
石川県金沢市は、日本一アイスクリームの消費支出(金額)が多いところです。

ほとんどの家庭で「冷蔵庫に常備している」「夏は毎日のように食べる」のだそうです。

夏のみならず、冬にもアイスクリームの屋台が出て

それを雪が降っていても並んで買っていくのだそうです(しんじられない)

そんな地域ですから、溶けないアイスの研究開発も行われているのですね。

 
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
キットカットといえば、受験シー

完全養殖の魚種広がる ニッスイマダコの完全養殖目指す

 
 
天然資源に頼らない完全養殖のすそ野が広がっています。日本水産は2020年にも完全養殖したマダコの出荷を目指しています。マルハニチロもカンパチ完全養殖の事業化に向けた取り組みを始めています。
世界的に水産物の需要が高まる中、養殖の生産量は伸びており、各社は安定供給できる体制の構築を急いでいます。
 
日本水産はこのほど、大分県佐伯市の研究センターで完全養殖マダコのふ化に成功しました。人工授精から育てた親が産んだ卵で、約14万匹のふ化を確認しました。
今後は生育段階の研究に取り組み、早ければ2020年にも国内の小売店や外食向けに出荷できるそうです。

完全養殖というのは人工授精させた卵から育てた成魚を親とし、その親同士から生まれた卵をふ化・生育します。マダコはふ化後約30日の生存率が低く、完全養殖の技術が確立されていませんでした。日本水産はマダコの生育に適した餌となる水生生物を特定し、完全養殖の体制を整えました。
 
マルハニチロは2018年春に鹿児島県さつま市で約5億円を投じて、カンパチのふ化場を新設します。現在は中国から輸入した稚魚を育てて出荷していますが、ふ化段階から国内で手掛ける体制とします。出荷能力は年30万匹を見込んでいます。
ふ化場を設けることで将来はカンパチと同様に、稚魚を輸入するブリでも新設するふ化場を活用して国内養殖に切り替える計画です。
完全養殖は天然の稚魚に頼る従来の養殖に比べて、供給量を安定できます。世界的に水産物の需要が高まって来ていて、各社は養殖技術の向上で安定供給につなげようとしています。
 

世界の胃袋拡大、増える養殖

人口増加や新興国経済の伸長などを背景にして「世界の胃袋」は拡大しています。世界の天然物の漁獲量は2010年代に入ってから9000万トン前後で推移し、需要の伸びに対応できていない状態です。天然物の水産物に頼り続けると水産資源が枯渇する懸念もあり、養殖の供給量が増加しています。
2015年の世界全体の養殖生産量は1億601万トンで、5年前と比べると4割増えています。背景には新興国の需要増があります。
太平洋のクロマグロのように乱獲で資源の枯渇が深刻化しているものもあります。天然資源を傷つけない完全養殖技術への期待は大きなものがあります。
これまで養殖はブリなど一部の魚種に限られていましたが、マダコのどに養殖の種類が広がれば国内市場の需要喚起にもつながります。
 
 
現在行われている養殖は、天然物の稚魚を捕獲して育てる方法だということを改めて知りました。
ということは天然物の稚魚が少なくなれば、水産資源の枯渇につながるということです。
最近はクロマグロやウナギを卵から育てようという活動がよく新聞に掲載されます。水産資源の保護の観点で重要な取り組みだと思いました。

しかし、日本では少子高齢化と人口減で市場の拡大は望めません。世界の需要に日本の企業が応えるための重要な取り組みです。
キリンビールが造っているウイス
ハンガリーの国宝の豚って、何で
「食欲の秋」というわけでおいし
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい

ペッパーがカード発行します! イオンカード

イオンはショッピングセンターなどにあるクレジットカードの受付窓口を自動化します。
無人で入会手続きを済ませられるロボットを早期に30台以上配置します。
また、カードに関する簡単な問い合わせに音声で回答する人工知能(AI)端末も3年で100台導入します。
窓口の人員を勧誘など会員の獲得に振り向けるほか、無人カウンターの営業時間も延長します。

ショッピングセンター「イオンモール」などにあるカードカウンターやイオン銀行の窓口に設置します。

カードの入会手続きではヒト型ロボット「ペッパー」を活用します。
顧客が個人情報などをタブレットに入力し、タブレットとペッパーを連動させることで入力の手順を説明したり、入力ミスをした時には指摘して直してもらったりできるようにします。

ペッパー1台で同時に3人まで、人が介在せずに手続きができます。

AI端末はIBMの「ワトソン」を使い、顧客の質問に自動で答えます。想定される700~800種類の質問に回答できるといいます。

新型カウンターはまず6月中旬に千葉市の店舗で実験を開始し、他の店舗にも順次広げる予定だそうです。

 
 
窓口に来る人は、もうクレジットカードを作るつもりで来ているわけで余計な対応は必要がないですね。
この点が、自動化できる一番の要因です。

クレジットカードの場合、入会審査が必要だったりしていたのですが、イオンカードの場合18歳以上で、電話連絡ができる人ならだれでも作れるんです。

銀行口座のない人なら、イオン銀行に口座を作ってもらえばいいわけだし。

これは、イオンカードが会員数を増やすエンジンになりそうです。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
ビールメーカー各社が、ノンアル

これからはポイントカードアプリ化の時代か?

 
 
ポイントカードをアプリ化
銀座の新たな商業施設「ギンザシックス」の来館者数が開業から18日間で150万人に達した。初年度の来館者数目標を上回るペースだ。このギンザシックス、百貨店などが発行する無料のポイントカードは用意していない。

その理由は想定する顧客にある。

「百貨店は一部の優良顧客によって支えられている。一方、ギンザシックスは外国人観客なども含めて、来店回数が年に数回の顧客をどれだけつくれるかが重要になる。」(ギンザシックスリテールマネジメント)からだ。

様々なカードがあふれている時代に、年数回しか来館しない施設のカードを常に財布に入れて携帯してもらうことは難しい。

代りとなるのがスマートフォン向けアプリだ。来館者はアプリをダウンロードして会員登録するだけで、ポイントプログラムを利用できる。アプリには一人ひとり異なるバーコードを示す機能があり、商品購入時にアプリを提示するだけでポイントがたまる。アプリであれば、普段は使わなくても物理的に財布を圧迫することはない。

カードのアプリ化が、ギンザシックスの顧客に広く利用してもらうのに最適と判断した。そしてこのアプリの登録情報にひも付く形で、どの店で買い物したかをデータとして蓄積できる。この情報に基づき、顧客の趣味嗜好に合わせてパーソナライズされた情報を発信していく考えだ。
ポイントカードの作成を進められても、たまに行くお店だとポイントがたまる気がしないので作らないことが多いです。

カードが財布の中にたまって今うのもわずらわしいですね。

お店にとっては、ポイントカードを顧客にすすめる目的は顧客の買い物の状況を把握して活用して行きたいということです。

ギンザシックスでは、ポイントカードのアプリ化によってカード作成や持ち歩くことの煩わしさを解決しています。

同じような手法を展開する百貨店やショッピングモールも出てくるかもしれません。初期投資がどれくらいかかるのかはわかりませんが・・・

できればカードのアプリ化と、ポイントの共通化が同時にできればいいなと思いました。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
ビールメーカー各社が、ノンアル
イオンはショッピングセンターな

自然由来のバニラ香料が開発される

バニラ香料というのは、植物のバニラの種から作られる香料です。アイスクリームなどにはなくてはならない香料の一つです。

原産地が少なく、生産も限られていました。

このバニラ香料を、バニラビーンズ以外の自然由来の原料から作ることに味の素が成功し、生産・販売を始めることになりました。

味の素は、長谷川香料と共同で糖類を発酵させて作るバニラ香料の工業化試験に成功し、大量生産の目途がつきました。

2017年中に生産ラインを整備し、国内外の食品・飲料メーカー向けにサンプル出荷を始める予定です。

味の素はアミノ酸発酵技術のノウハウを持っていますが、これを香料の製造工程に使います。この技術を使ったナチュラルフレーバーの生産は世界で初めてです。

今回両社が開発した製法では糖類を原料としてバニラ香料を製造します。糖類は安定して調達できるため、香料の価格を安定できます。

ナチュラルフレーバーは欧米を中心に人気が高く、化学品を原料とする人工香料から置き換わり始めています。まず欧米市場を中心にメーカー向けの販売を始める予定です。

[ad#ad-1]

バニラの香りの元の製造法は?

アイスクリームは大好きです。特にバニラ味のアイスクリームには目がありません。

このバニラ味、バニラという植物の種から作られるということをおぼろげに知っていましたが、どういう工程で作られるかは知りませんでした。

バニラはアフリカなどの熱帯地方で栽培されています。特にマダガスカル、ウガンダのバニラが良いとされています。

他の植物に絡んで育つのですが、受粉は人間がやらないといけないという、他の植物と人の手がないと育たない。しかも病虫害に弱いという極めて手のかかる栽培植物です。

しかも、そのままでは青臭いだけで香りどころではありません。種の入っている鞘をボイルして中身を広げ、何度も並べ直しながら3カ月もかけて乾燥・熟成させて初めてあの甘い香りが出るのです。
香りの素はバニリンという物質です。この物質はバニラだけではなく自然界に非常に多く存在する物質なのです。

その証拠に、バニリンの多くは製紙会社が紙を作った後に残る廃物から作られているそうです。

世界中のバニラアイスクリームの需要にバニラビーンズだけで応えられるわけがありませんね。納得しました。

味の素が開発したバニラ香料の製法は、糖類を発酵させて作るのでより自然に近い原料を使うので、欧米の人には受け入れられるかもしれません。
 
 
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
ビールメーカー各社が、ノンアル
イオンはショッピングセンターな

全自動衣類折り畳み機を開発している会社があった

ベンチャー企業で、乾いた洗濯物を入れれば自動できれいに折りたたんでくれるという家電「ランドロイド」を開発している会社が掲載されていました。

東京・港区にあるセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズです。

2017年中の発売を目指しています。

衣類を1枚ずつ、「つかみ」「広げて」「折り畳み」「収納」していく全自動折り畳み機です。一度に約30枚の衣服やタオル類を投入でき、畳んだ後は衣服を家族ごとに仕分けてくれます。

landroid_03 ユーザーは乾いた衣類を本気に投げ込むだけで、後はランドロイドワンが投入された衣類を画像分析して、衣類の形を確認してロボットアームが折りたたむのです。

 
この衣類全自動折り畳み機の開発に取り掛かったのは2005年です。なんと製品化まで10年以上の年月が経っています。

まだどのメーカーも手を付けていない製品でしたが、ニーズは大きいと感じていたと社長の阪根氏は話していました。

11月中旬にパナソニックや大和ハウス工業、SBIインベスティメントが運営するファンドなどから総額60億円の資金調達を実施しました。

形になったとはいえまだ写真のように大きなものです。

これからパナソニックの洗濯乾燥機に組み込まれた形のランドロイドを開発し2019年度の発売を目指します。
6月29日に、タカラトミーアー
新潟県新発田市にあるふじの井酒

福岡県能登島でドローンを使った買い物代行サービスの実験始まる

NTTドコモとMIKAWAYA21,エンルートは、携帯電話網を通じて小型無人機(ドローン)を操縦する技術を活用した買い物代行の実証実験を福岡市内で始めました。
この試みは日本で初めてです。
ドローンを海上に飛ばして離島に住む高齢者などが注文した商品を配達するというものです。
通信用のスマートフォンを搭載したドローンに洗剤にティッシュなどの日用品を積み、携帯網を通じて飛行位置などをリアルタイムで確認しながら、福岡市ヨットハーバーから福岡市内にある離島・能古島に運びました。
最高時速は約50キロメートルで、2.5キロメートルの航路を5分ほどかけて飛びました。
ドローンはエンルート製のFH940で、GPSなどを搭載しあらかじめルートを設定して、自動操縦で能古島まで往復できるようになっています。
dsc05598
さらに、NTTドコモのスマートフォンを搭載し、ドローン内に設置されたカメラの映像を携帯電話網で送信して、安全確認や遠隔操作を行うことができます。
ドローンを携帯電話網につなぐと機体の状況や撮影した映像、位置情報をリアルタイムに知ることができます。
技術的に長距離飛行が可能になり物流などの業務用途が広がります。子育て世代や高齢者の買い物支援など社会的な課題の解決につながる可能性があります。
ドローンに搭載した日用品を調達したMIKAWAYA21は全国の新聞販売店などに協力してもらい、全国400カ所で高齢者向けの支援サポートを行っている企業です。
特に要望の多いのが買い物代行サービスで、ドローンを活用できるのが現実味を帯びてきたと語りました。
ドコモはこのほかにも国家戦略特区の新潟市で、ドローンを活用した水稲のモニタリングおよび栽培管理、海岸保安林の維持管理に取り組んでいます。
主力の携帯電話事業が伸び悩む中、ドローン関連事業を新たな収入源に育てるということです。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
新潟県新発田市にあるふじの井酒
バニラ香料というのは、植物のバ
つくば市の中心部の歩行者専用道

通販の本人確認に便利!スマホで指静脈の認証ができる

日立製作所はスマートフォンのカメラで指静脈の認証ができる技術を開発したと発表しました。

指静脈は、パスワードや指紋よりも安全性が高いとされ専用のセンサーを使って出退勤の管理や企業秘密のデータの本人確認などに用いられてきました。

今回開発された技術は専用のセンサーを使わずに個人のスマホで認証できるものです。

パスワードではなく指先をカメラにかざすだけでネット通販の決済ができるシステムの提供を目指しています。

1~2年後の商用化を目指します。

スマホで撮影したカラー画像から、皮膚の平均色と比較することで静脈の位置を割り出します。

大量の指の写真から色や形状を人工知能(AI)で学習させ、指の形を特定する技術も開発しました。

 
 
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
イオンはショッピングセンターな
バニラ香料というのは、植物のバ
ベンチャー企業で、乾いた洗濯物
バンクガードは、インターネット

バンクガード 新しい認証システムを信金系に納入

バンクガードは、インターネットのセキュリティ技術を開発しているベンチャー企業です。

同社は新型の個人認証システムである「スーパー乱数表」を信用金庫のネットバンキングシステムを運用するしんきん情報システムセンターに納入し、2017年3月から提供を開始します。対象は信用金庫のネットバンクを利用する個人です。

数字で構成される乱数表とは異なり、スーパー乱数表はカメラや犬などの数百種類以上の絵柄で構成されています。攻撃者はすべての絵柄を準備できないため、正規サイトを模した詐欺サイトからの情報流出を防止します。

 
 
いわゆる「フィッシングサイト」などによる不正送金などの防止に活用されます。

筆者もネットバンクを利用しています。よく振込みサービスを利用します。ネットで利用するときはウェッブパスワードと、キャッシュカードの裏面にある乱数表から、指示された数字を打ち込むシステムです。

それだけでも十分なセキュリティだと思ってましたが、不正の種というのはいくらでも広がるものですね。ワンタイムパスワードでもダメなときがあるようです。

フィッシングサイトは怪しいメールで誘うので要注意です。

信用金庫はこのシステム導入で不正送金が減るといいですね。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
ビールメーカー各社が、ノンアル
イオンはショッピングセンターな