JR九州の新しい観光列車の内装デザイン発表!

JR九州は、2017年春から熊本~八代~人吉間を運行する観光列車「かわせみ やませみ」の車内デザインをこのほど発表しました。

熊本県南部を走ることにちなんで、人吉産の杉や八代産のい草を使用し、地元の素材をアピールします。自然の香りとぬくもりが感じられる車内になりそうです。

車内イメージは「球磨地方の森」。人吉・球磨地域の森林組合などで作る協議会から提供されるヒノキをカウンターなど内装材の一部に使用し、杉は床材などに活用します。

日本一の生産地である八代産のい草を客室内ののれんに使用します。

002l 001l 車内には軽食を提供するビュッフェや地元特産品を販売するサービスカウンター、球磨川の景色を楽しめる展望スペースなどを設置します。

列車は2両編成で、1号車のかわせみが川をイメージする青、2号車のやませみが山をイメージする緑を基調とします。

鹿児島線と肥薩線の熊本~八代~人吉を毎日三往復し、定員は70名です。
夏真っ盛りの今日この頃。冷たい
最近の地方の地ビールメーカーが
テーマパークのハウステンボス(
ブドウ1房が111万円で落札さ
  大阪のフジキンは
新潟県新発田市にあるふじの井酒

東急電鉄 横浜―伊豆間の観光列車を刷新

東京急行電鉄は、グループの伊豆急行が運行している観光列車「アルファ・リゾート21」を2017年7月に刷新すると発表しました。

設計・デザインは九州旅客鉄道(JR九州)の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭氏が担当します。

8両編成の定員は100人で、従来の4分の1に減らします。

一人あたりの座席空間を広げ、イベントスペースも設置されます。

JR横浜駅から伊豆下田駅間を運行します。

伊豆エリアの魅力を知って訪れてもらうことを目的に、魅力的なサービスで車内での時間を楽しんでもらうというものです。車内では食事の提供なども予定しています。
最近の地方の地ビールメーカーが
キットカットといえば、受験シー